エコールミリテールのアパルトマン

エコール・ミリテールのアパルトマンより

1.パリジェンヌの「ZEN」と「お香」

フランス人と香りは、切っても切れない間柄。自分を魅力的に演出する”香水”を選ぶように、生活の場を快適にする”空間の香り”にもこだわっている。インテリアの仕上げとして、部屋の香りは重要なポイントなのだ。ポプリ、エッセンシャルオイル、スプレー、キャンドル、お香など、環境の香り商品も充実。

ゲラン、イヴ・サンローラン、ニナ・リッチといった日本でもお馴染みの香水ブランドから、自然派志向の化粧品ショップ、スーパーマーケットにいたるまで、個性的な香りを発売している。
デザインも洒落ているので、インテリア小物としてさりげなく加えることができる。

一般的な若いパリジェンヌのアパルトマンは、決して広いとはいえない。そして、冬は暗く長い。優しい花の香りのキャンドルに火をつけたり、新鮮な森林の香りのポプリをバスルームに置いたり・・・。
部屋の中に漂う自然の香りが、空想の旅を演出してくれるのだ。

デコレーションの一部としてだけではなく、健康のためにも、部屋の香りは大切とされている。この香りの効果を利用した治療法のひとつが、アロマテラピーだ。
バラは心を穏やかにし、ラベンダーは眠りを誘い、ジャスミンには目覚まし効果がある。ペパーミントは気分を爽やかにし、森林の香りはストレスを解消、レモンは心の落ち込みを回復させる。
大都会パリに暮らすパリジェンヌは、ストレスも多い。プライベートタイムに素敵な香りを漂わせ、心身の疲れを癒すことを心がけている。

日本のお香を、パリの自然商品ショップで見つけたのは、もう1年以上前のこと。フランス人にとって、お線香の香りは、「ZEN」のイメージからくる”精神安定の香り”のようだ。
最近パリで注目を浴びている「ZEN」は、日本の禅と必ずしも一致しない。思想だけでなく、ヨガや太極拳といったエクササイズ、健康的な日本食など東洋的なものを全部ひっくるめてこう呼び、衣食住のあらゆる分野で話題で話題となっている。

「禅」の精神がストレスを解消し心身をリラックスさせると考えるフランス人。現代社会のキーワードとして、欠かせないものらしい。もちろん、日本人にとっても、お線香は心を落ちつかせる香りといえる。

し~んと静まった畳の部屋をイメージさせるお線香の香りが、パリでも受けているのだから面白い。

香水(Parfum)の語源は、ラテン語の「煙を通して」に由来する。神聖な儀式にお香を焚いたことから、香りの歴史は始まった。
パリでは、古典的なアラビアやインドのエキゾチックな香りも人気だ。お線香を焚いた部屋で紫の煙と魅力的な香りに包まれ、ほんの一瞬、現実社会から逃避する。

パリジェンヌが生き生きと美しく活動するのは、この香りの効果からかもしれない。

Operaのcafe

Operaのcafe

2.朝のドリンクにハーブティーが人気上昇中

カフェ・オ・レと焼き立てのクロワッサンでパリジェンヌの朝は始まる・・。といいたいところだが、働く女性の朝が忙しいのは世界共通。しかも、最近のヘルシー志向のためか、パリの朝食も少し様変わりしているようだ。
一日を元気に過ごすスタートとして、朝食はとても大切。栄養のバランスを考え、低カロリーのヨーグルトやフルーツをプラスしたり、てっとり早く食物繊維やビタミンが豊富なコーンフレークですます人も増えている。ドライフルーツやナッツ入りなど、コーンフレークの種類もこのところ急増中だ。

フランス人の朝食に登場する定番の飲み物といえばショコラ(ココア)。日本でも評判になったココアは、子供から大人まで、みんなが愛するフランスの味。朝食向きというキャッチフレーズで、ビタミン入りやバナナ風味などの粉末ショコラがスーパーマーケットに並んでいる。

ミルクたっぷりのほんのり甘いショコラは、目覚めたばかりの体にやさしい。いっぱいのココアでけっこう満腹感を得られるので、時間のない朝はショコラだけで仕事に出かける人も少なくない。

カフェ・オ・レやショコラの伝統的朝食ドリンクに加えて、近頃はアンフゥジョン(ハーブティー)も人気上昇中。
パリジェンヌは、精神状態や時間に合わせ、様々なハーブティーを楽しんでいる。

起きたばかりの朝には、ミントやジャスミンのハーブティー。これにレモンを添えるとさらに効果的だ。
ミントやレモン、ジャスミンには高揚作用があるので、さわやかな気分になりたい朝の香りとして最適。冬のパリで朝シャンする人はすくないけれど、シャワータイムにおすすめの香りといえる。寝不足の朝には、ジャスミンや柑橘系の香水をつけて出かけてみるのもいい。

いつもはあわただしい朝も、休日となると優雅なひとときに変わる。近所のパン屋で焼き立てのクロワッサンやバゲットを買い、自宅でゆっくり過ごす人・・。カフェで新聞を読みながらのんびり朝食をとる人・・。
週末だけは、体が自然に目を覚ますのを待ちながら、気ままに朝を過ごすといった感じだ。

また、スポーツで疲れた心身をすっきりさせるパリジェンヌも多い。今流行りは東洋のエクササイズ。なかでも、太極拳に似たQi-gong(チコンと発音する)が注目されていて、週末の公園では、中国の朝の風景を思わせる集団に出会ったりする。部屋で静かにヨガを楽しんだり、プールでひと泳ぎしたりがパリジェンヌ好みらしい。

それぞれ個性的ではあるが、朝の過ごし方にも、パリジェンヌは自分のスタイルを忘れない。充実した一日は、爽やかな目覚めで決まるのだから。

rue Cler の八百屋さん

rue Cler の八百屋さん

3.パリのクリスマス '96

11月も過ぎると、パリはにわかにウキウキした雰囲気になってくる。クリスマスの準備が始まるのだ。ショッピングストリートを中心にイルミネーションが飾られ、パリの夜景は華やかに。
もっとも豪華なのが、凱旋門からロン・ポワン・デ・シャンゼリゼまで続くシャンゼリゼ大通りのイルミネーション。広場の噴水の周りに白いクリスマスツリーが飾られ、とてもロマンチック。
その他、大きな通りから小さな商店街まで、いたるところにイルミネーションがほどこされ、年明け1週間ぐらい美しい光を放ってくれる。

デパートは建物丸ごとイルミネーションのクリスマスツリーになったりと、毎年競って派手になる。店内も素晴らしいディスプレイで客をうっとりさせる。
今年100週年を迎えるパリのデパートの老舗ギャラリー・ラファイエットは、特にクリスマスシーズンに力が入っている。もちろん、高級ブティックのデコレーションも見事。
小さなブティックも食料品屋も、ワインショップもレストランも、日本の門松のように柊の木を使った飾りを店の入り口につけ、店内も赤と緑でクリスマスのムードいっぱい。見て歩くだけでも楽しい気分になる。

クリスマスのプレゼントとして、パリジェンヌに一番の人気は香水だ。すてきな時間を演出するのに、香りはお洒落の仕上げに欠かせないもの。贅沢なボトルに入ったクリスマス限定商品を、この時期に発売するブランドもある。シャネル、ディオール、イヴ・サンローラン、ニナ・リッチなど定番の香りは、あいかわらず人気だ。

今年の秋から冬にかけての登場した新しい香水は、オリエンタルな香りをアレンジした、ミステリアスなものが多い。
キャロンのエメ・モアは、ベルガモット、アニス、クミン、カルダモンなどエキゾチックな香りにジャスミンやローズの香りを加え、「私を愛して」の名前にふさわしい香り。ニナ・リッチのレ・ベル・ド・リッチは、若々しい香りとキッチュなボトルで若いパリジェンヌに人気だ。
ジバンシーの新しい香りオルガンザは、スパイシーな香りにやさしい花の香りをプラス。ゲランのシャンゼリゼは、ミモザ、ローズ、カシスなど爽やかな甘さを表現している。
像の蓋が楽しいケンゾーのジャングル、長いボトルで話題を呼んだヨージ・ヤマモト、お香とラベンダーをブレンドしたレ・サロン・デゥ・シセイドーのアンサン・エ・ラヴァンドなど、試してみたい香りはいっぱいある。

いつもはクールなパリジェンヌも、クリスマス前はみんなかなり興奮気味。プレゼントやパーティ用品の買い出しに大忙しだからだ。
12月25日は家族と過ごすのが一般的だが、24日のクリスマスイブは恋人や友達とパーティをしたり、イベントに出かけたり・・・。

晴れの日のヒロイン目指し、とっておきの装いにチャレンジしようとはりきっている。

ナチュラルワインの店

bioワインの店

4.イスラムの蒸気風呂が人気

青空を見ることが少ないパリの冬。灰色の重たい雲が、底冷えする寒さをさらに強調しているかのよう。道では、かじかんだ手をこすりながら、おじさんが焼き栗を売り、厚いコートを着た人々は、足早に通り過ぎる。
歩きながら、焼き立てのクレープを「フーフー」しながら食べる幸せ。カフェに入り、赤ワインの熱燗にオレンジの輪切りと砂糖を加えた"ヴァン・ショー"を飲むときのほっとした気分。パリの冬は憂鬱だけど、夏には味わえない風情があり、楽しめないこともない。

寒い日はお風呂が一番!と考えるのは日本人。しかし、パリはシャワーのみのアパルトマンがけっこう多く、ゆっくり湯船につかる習慣も日本人ほどあるとは思えない。とはいうものの、最近では、「箱根の湯」など日本製の温泉シリーズ入浴剤も販売されており、フランス人もお風呂の魅力にとりつかれつつあるようだ。

パリでのお風呂人気ナンバーワンは、イスラム諸国に見られる"ハマム"という蒸気風呂。ここ1~2年大流行で、プールやエステティックサロンでもハマムの設備を取り入れているところが増えている。
サウナよりマイルドの温度の室内に、霧のような水蒸気がたちこめ、そこで1~2時間過ごす。マッサージ付きのハマムでは、プロが全身マッサージも行う。蒸気によって皮膚がやわらかくなるので、老化した角質を取り除くゴマージュ・マッサージが効果的。肌はつやつやになるし、すっかりくつろいでストレスは解消できるし。パリで話題になるのも無理はない。

日本でいう銭湯のように、イスラム諸国では社交場の役割を果たしているハマム。イスラム寺院や市場の中にあり、脱衣所と休憩所を備えた公共浴場だ。
ヨーロッパには、十字軍によって13世紀頃広まった。当時は、歓楽の要素が強かったが、その後、フランスに移民したイスラム諸国の人々のコミュニティの場として発達。今では、"美容と健康"の浴場として、すっかりパリジェンヌ&パリジャンに親しまれている。

パリのイスラム教寺院にあるハマムは、月、水、木、土が女性の日で、入浴料は約2000円、マッサージ約1200円。モデルや業界人に人気のレ・バン・デゥ・マレは、火と水が女性の日で、入浴料とマッサージが各約4000円。

さて、自宅で気軽に体を温める方法としておすすめなのが、アロマテラピー入浴。お風呂に入る時、エッセンシャルオイルを数滴落とし、少しのんびりと入浴するだけ。風邪のひきはじめにも効果的なジンジャー、ユーカリの香りで、冬を乗り切りたい。

冬のパリジェンヌのファッションポイントは、個性的なマフラー。
寒さを防ぐ意味でも、首元のお洒落は欠かせない。
活動的に外出するのも、寒さを忘れる秘訣のひとつだろう。

メトロのポスター

メトロのポスター

5.美食の国のダイエット

クリスマスの名物料理といえば、フォアグラ。そしてデザートのブッシュノエルとチョコレート。どれもカロリーたっぷり、ダイエット中の女性にとって、禁断のメニューばかり。
年明け早々一斉に始まるバーゲンで、流行アイテムを手に入れるためには、ここで太るわけにはいかない。パリジェンヌの面目にかけても「正月太り」は打破しなければ!

ケイト・モス(170cm/47Kg)やステラ・テナン(183cm/50Kg)などのトップモデルにあこがれ、パリでもスリム願望現象が話題だ。とはいっても、汗水たらし、空腹に耐えるストイックなダイエットは、一般的なフランス人の苦手とするところ。
美食の国を自慢するだけあり、食生活を変えるのはなかなか難しいようだ。最近は、低脂肪の生クリームやヨーグルト、低カロリーのチーズやデザートが登場し、ヘルシー志向の人を中心に人気を得ている。

エクササイズもレジャーのひとつとして取り入れるフランス人。今注目されているのが、ローラースケート。歩道をすいすい走り抜ける、元気なパリジェンヌも少なくない。トロカデロ広場では、技を競い合う若者でいっぱいだ。また、自転車愛用者も増加中。

パリ市は自転車専用道路の工事に力を入れている。そして、水泳。飲料水からタラソテラピーまで、フランス人はなぜか「水」に関した健康法が好みのよう。零下の寒さにもかかわらず室内プールはたくさんの人で振わっている。
市内には約30の市営プールがあり、入場料も大人₣14(約300円)と手頃。設備も近代化され、快適だ。サンジェルマン市場の地下やフォラム・レ・アールなど、お洒落なエリアのプールは明るい雰囲気。17区のシャンペレ・プールは、水泳のほかにサウナやハマムも満喫できる。

この国では、下着コーナーでプレゼントを吟味する男性の姿をよく見かける。すてきな恋と美しいボディ・・・。
パリジェンヌでなくても、常に磨きをかけたいものだ。

サンドミニク通り

サンドミニク通り

6.恋のストレス解消法は・・・

365日、老若男女みんないつも「恋して」いるパリに、チョコレートを送り女性が愛を告白するバレンタインデーは必要ないようだ。
愛が始まれば、悩みも増える。三角関係、浮気、同性愛、何でもありのパリ。フランスの雑誌でよく目につくのが、「男女の浮気」をテーマにしたもの。フランス映画に描かれる複雑な男女関係は、カフェの隣に座っているカップルにも起こり得る現実。それゆえに恋愛が起因となったストレスも、莫大だ。

深刻な悩みが生じた場合、37%の人が精神科医に相談するだろうと答え、また、アスピリンなどの薬の消費量が、世界最大といわれるフランス。
働き過ぎによる日本人のストレスは海外でも話題だが、フランスでももちろん他人ごとではない。ストレスは万国共通の現代病。この国でも、ストレスを軽減するための手段が次々に登場している。

パリジェンヌが選ぶストレス解消法はリラックス効果のマッサージ。エッセンシャルオイルを使った自宅でのマッサージをはじめ、高級ブティック街のフォブル・サントノレ通りに並ぶ有名ブランドのエステティックサロンで優雅に過ごす人も少なくない。
イヴ・サンローランでは日本式指圧を取り入れたマッサージが好評。カリタは、磁気効果を利用して体のエネルギーの流れを整える方法と、ビジュアルと音楽によりストレスを和らげるという、2つのテクニックが人気だ。いずれも、約1時間半のコースで₣600(フラン)程度。

また、精神と心身を健康な状態に戻すヨガも、最近注目されている。パリ市内に数カ所あるスポーツクラブ「ジムナスクラブ」では、積極的にヨガのレッスンを増加。
リッツ・ホテルのヘルスクラブでも、昨年の夏からヨガのコースが2つ加わった。東洋医学、アロマセラピーなど、彼らは心地好い毎日のため様々な方法に挑戦している。

歓喜と憂鬱。愛の都パリは、このストレスから解消されることはなさそうだけど・・・。

Palais Garnier

Palais Garnier

7.元気のコツは、お風呂と睡眠

年始年末の厳寒でパニック気味だったフランスも、その後は比較的過ごしやすい気温に落ち着いている。グレーの空に覆われたパリの冬は、11月下旬から3月中旬までと長い。1年の半分近くを暗く憂鬱に過ごすのはもったいない。元気を保つコツは、お風呂と睡眠。

フランス女性の70%が「ときどき」、25%が「週一回」。これは、フランス人の湯船につかる頻度を調べたある統計結果。
ほとんど毎日お風呂に入る日本人には意外なことだが、お風呂にゆっくり入る習慣が、フランス人にも見直されている。

心身をリラックスさせるには、熱いお湯につかるのが効果的というもの。フランスの水は硬質なため、エッセンシャルオイルやムサン(発泡剤)などを加え、肌にやさしい水質にする。さらに、血行を良くする成分や、やすらぎを与える香りなど、入浴を楽しめるグッズも充実だ。

お風呂は、睡眠を促進する役目も果たす。パリでは、不眠症に悩む人も少なくなく、快適な眠りへの関心も高い。
ドーバー海峡に面したノルマンディー地方には、入浴効果を利用し、不眠症を解消するタラソセラピーがある。1日5回のケアの合間に、ラベンダーとメリッサのエッセンシャルオイル入り海水風呂に15分つかる。この薬用風呂に加え、プールで30分間の精神集中効果治療を行う。特製のメタルの上に乗り、暗闇のプールに浮かび、海底から聞こえてくるリラクゼーション・ミュージックに耳を傾ける。1週間このセラピーを続ければ、睡眠のリズムも正常に回復するという。このタラッサ・ディナルはダブルルーム1泊朝食つきで1,045₣(フラン)程。ちょっと贅沢な入浴をエンジョイしたい人向けだ。

ところでフランスでは”FUTON”が注目されている。畳をベッド代わりにし、布団を敷いて寝るという、日本風寝床のことだ。固めの畳が背中にいいらしい。

お香を焚き、フトンで寝るのが、トレンディなパリジェンヌ・ライフになりつつある?

         次のページ  →

スポンサーリンク
de Paris 記事ピックアップ

30.若々しい美しい手で愛の女神をキャッチ!

バレンタインデーは、パリでも少し特別な愛の日。プレゼントを交換する恋人たちも少なくない。大切な...[続き]

50.世紀末の香りは温故知新がキーワード

クリスマスのイルミネーションが美しい12月のパリ。いよいよ1999年、世紀末を迎えようとしている。今年は...[続き]

70.国境を超えて美しく

心の「美の基準」は価値が失われつつあるようだ。美しさに国境はない。フランスではここ数年...[続き]

New York & San Francisco

ニューヨーク便り 1996-1998

ゆったりとして自由な、9.11以前のニューヨークとニューヨーカーのライフスタイル。

サンフランシスコレポート 2001-2011

個性を尊重し、「自由と寛容」の伝統精神が生きる街が多くのチャンスを生み出します。

サンフランシスコの面白看板

市内・近郊で見かけた面白い!不思議な?看板です。Google mapで付近を見られます。

wellbaホーム
アロマテラピーindex
アロマテラピーの楽しみ方
エッセンシャルオイル
アロマテラピー心のために
心と身体の状態別アロマテラピーガイド
簡単にできるアロマテラピーの101の方法
ハーブの楽しみ方健康情報
基本のハーブ紹介
自然派美容

リンパ・ドレナージュ(リンパマッサージ)
リラックス・ツボマサージ
エクササイズ ボール
セロトニン調整体操
簡単!一口ダイエット
リラックスのヒント
Oriental Relaxation Tips
一病息災
漢方医列伝

健康・美容TOPICS
食エッセンス
医食同源ア・ラ・カルト
ウエルエイジングNEWS
池野佐知子の「シンプルスタイル」
ニューヨーク便り 1996-1998
サンフランシスコレポート 2001-2011
サンフランシスコの面白看板
Caution! San Francisco
パリ通信 1996-2000