Bio 食品

Bio 食品

50.世紀末の香りは温故知新がキーワード

クリスマスのイルミネーションが美しい12月のパリ。いよいよ1999年、世紀末を迎えようとしている。今年はサッカーのワールドカップで、フランスの意地を見せたものの、景気沈滞ムードはあいかわらずで、パッとしなかった一年。ファッションや美容の話題も、ニューヨークやロンドンなどアングロサクソン勢力が強く、フランスらしさが失われたかのようであった。

そんななか、フランスが得意としている分野のひとつ香水業界は、元気を回復し始めたようだ。ここ数年、さわやか系の香りがパリジェンヌにもうけていたが、再びクラシックな伝統的香りに人気が集まっているという。万人に好かれる無個性で似たような香り氾濫にうんざりしたのか、パリジェンヌたちはオリジナリティ豊かで、高品質な香りを求め始めたのだ。フランスの香り文化は、2世紀以上の歴史を持っている。21世紀を目前にひかえ、ノスタルジックな伝統を見直そうということらしい。

毎シーズン、次々と新しい香りが登場しているが、フランスで最も売れている香水は、オーソドックスなものが主流だ。一番人気は、シャネルの5番。2位はニナ・リッチのレール・デュ・タン。そして、比較的新しいティエリー・ミュグレーのエンジェルと続く。
以下、オー・ド・ランコム、オー・ド・ロシャス、ランコムのトレゾァ、イブ・サンローランのパリ、ゲランのシャリマールとなっている。カルバン・クラインのCKワンが9位に入っている以外は、ベスト10すべてがフランスの香水だ。ちなみに10位はイブ・サンローランのオプウム。
複雑でエレガントなのが香水本来の魅力。定番の香水は、時代を越えて女性たちに愛されている。

今年のクリスマスプレゼントは、トラディショナルな香りで決まりかな?!

プランタンのレストラン

プランタンのレストラン

51.スキンケアでお国柄がわかる!

パリジェンヌはお洒落で美容にうるさい、というのは嘘ではないが、今、世界で一番ビューティーおたくは、日本人女子だろう。巷にひしめく美容グッズの数には、圧倒される。しかも、「つるるん」「ぷるぷる」と言った、フランス語には訳せないようなネーミングがいい。

眉毛用の繊細な毛抜き、部分カールのビューラーなどなど、今や日本人には常識的なものでも、外国人にはとても珍しいものに思えてしまうのではないだろうか?ホワイトニングや毛穴の黒ずみ落としパックが、パリでブレイクしているように、日本製ビューティーグッズは、かなり注目されている。

パリジェンヌと日本人。美しくありたいという意識は同じでも、好みのコスメは違うようだ。「角質をとる」「毛穴の汚れをとる」「余分な油をとる」と、とにかく日本人は”とる”ことが好き。清潔がモットーのお国柄か、まずはいらないものを取ってから、がスキンケアの基本のようだ。
一方、パリジェンヌは、「肌の機能を元どおりにする」「シワを減らす」「顔色を明るくする」など、若さを保つのが第一目的。汚れ落としには、いまいち無関心な人が多いともいえる。彼女たちにとって大切なのは、「リッチ感」「なめらかさ」らしい。キッチュな製品に頼るより、いかにも効きそうな方法を追求するのがお好みといえる。

物質的なものより、精神的なものにポイントをおくのも、フランス式だ。それゆえ、目の回りのお手入れに、ヨガや太極拳をとりいれたり、皮膚科系の化粧品に人気が集中したりする。このところコスメ業界では、精神的な効果を考慮した化粧品の研究が積極的に行われている。神経学や心理学の専門家が、化粧品開発に協力しているのだそう。

国民性による知覚の違いは、氾濫している化粧品を見れば一目瞭然だ。

靴屋さん

靴屋さん

52.パリジェンヌは芸者肌をめざす?

ヨーロッパ統一通貨ユーロの導入で、新しい幕を開けた1999年パリ。スーパーマーケットのレシートにも、1ユーロ=6.55957フラン、合計7.22ユーロと、フラン&ユーロの両価格が明記されることになった。実際の通貨が流通するのは2年後のことだが、庶民の生活にも着実にユーロが浸透しつつある。星の王子様の50フラン札やキューリー夫人の500フラン札がなくなってしまうのは、少し惜しい気もするし、これを機に、フランスらしさが失われてしまうのでは?と危惧するのは、いきすぎだろうか。

パリが得意としていたビューティーの分野は、最近外国勢力におされぎみで、パリ”らしさ”がうかがえなくなってきた。フランス化粧品を買いあさる日本人も、以前程のパワーを失ったようだ。というのも、優れもののコスメが、日本に氾濫しているからである。
日本人のコスメフリークは、ここパリでも有名で、このところ、逆輸入現象が起こっているのだ。ニベアから毛穴すっきりパックが発売されて以来、ロレアルなど各社から類似商品が登場している。また、色白をめざすホワイトニング化粧品もこのところ花盛り。エステサロンのマティスやアカデミーから、白い肌用のシリーズが誕生した。

さらに、日本人もびっくりの美容法が紹介されている。一つは、お酒を使った入浴。ぬるま湯のシャワーの後、半ボトルの日本酒を入れた熱めのお湯につかれば、「芸者のようななめらかで白い肌になる(?)」とのこと。また、お米はダイエットにも最適だともいう。毎日、180~200gの米(炊く前)を食べるといいのだそう。メニューの例として、朝はごはんにオレンジの皮と生クリームを加えたもの、昼や夜はハーブや野菜を混ぜたごはんなど。白米のおいしさを知っている日本人なら、真似したくないものが多い。

パリジェンヌがあこがれる、主食にごはんを食べ、モチモチの美しい肌を持つ日本人女性は、今、日本でも希少な存在なのだが...。

スポンサーリンク
ブルドネ通りからのエッフェル塔

ブルドネ通りからのエッフェル塔

53.老化はパリジェンヌの美容の敵

「きれいになりたい」という女性の心理は、パリも日本も同じ。しかし、「気にするポイント」に、大きな違いがある。例えば、肌の美しさ。日本人は「古い角質を取り除く」「毛穴の汚れを取る」「余分な油分を押さえる」など、きたないものを排除し、できたてのツルツル肌になるのが重要のようだ。一方パリジェンヌにとっては、「老化を予防する」「若さを保つ」ことが最優先。肌の質の違い、乾燥がちの気候などから、シワ、たるみの進行が速いため、汚れより、シワのほうが、悩みの種となってくる。

肌の老いが一番気になるのが、目じりのシワ。そこで、彼女たちは、目のまわりにつけるコントゥールに、異常なほど心を配る。目のまわりのお手入れは、25才から30才の間にスタートしなければならないという。「まだ若い」と思っているうちから、老化が始まっているのだ。もちろん、各社から様々なコントゥールが発売されている。

アロマ系のジゼル・ドロルムからは、大豆、アロエ、カモミールのオイル、シアバターなどの入ったコンサントレ・リヴィタリザン・コントゥール・デ・ズゥ(168₣[フラン])が登場。引き締め効果もあるリエラックのディオブティリス(159₣[フラン])、いちょうを配合したビオテルムのイドラ・ドゥトック・ズゥ(180₣[フラン])、水分補給効果に優れたランカスターのソワン・デクラ・デゥラブル・コントゥール・デ・ズゥ・スキン・マキシミゼ(192₣[フラン])などもおすすめだ。 さらに、ブドウの種、インドの栗、麦のプロテインが成分となっているコーダリーのクレーム・コントゥール・デ・ズゥ(135₣[フラン])も。ルネ・ギノのロング・ヴィ・ユゥ(207₣[フラン])は、17種類のビタミンが入ったリフティング効果のあるクリーム。

「若くみえるわね!」というのが、パリジェンヌにとっての誉め言葉。年よりずっと若く見られる日本人は、なんだか得してるような気分になったりして・・・。

Clerのビストロ

Clerのビストロ

54.お肌にうるおいの水が再注目!

初冬に寒波が訪れたものの、比較的暖かい今年のパリの冬。とはいえ、雨が多いのにはうんざり。流れる雨水にためいき、といいたいところだが、最近は、この「水」が美容のキーワードになっている。リポゾーム、セラミド、AHAなどの画期的な化粧品の後、今度は「水」を利用したコスメが大流行の兆しだ。

口火を切ったのは、エステー・ローダーの100%プログラマトュール・ディドラタシオン・コンティニュ。77種類のミネラルを含んだユタの水を使ったクリームは、水分補給効果バツグンとか。
ランコムのイドラ・ゼンは、アイリスとローズをベースにしている。フィトメールのオジェネーズ・シリーズは、マグネシウム、マンガン、カルシウムがたっぷりのロワール・アトランティック地方の海藻に含まれる水を利用したもの。
ファスのニュートリスュール500は、リッチなオイルに水分を加えたコールドクリーム。マリア・ガランのイドラタ・コンフォール、リエラックのアペザンスなども。また3月には、細胞間の液体を再構成する化粧品オー・セリュレールがエステデルムから発売される。

美容のために選ばれた水は、オリゴエレメントとミネラルを豊富に含み、お肌に自然な水分を浸透させてくれる。フランスには、ヴィッシィ、アヴェンヌ、ラ・ロッシュ・ポゼイ、ユリアージなど、お肌にいい温泉が豊富で、これらの温泉水を使った化粧品は、密かな人気となっている。ユリアージのオー・デマキャントは、水のクレンジング。アヴェンヌからは、クレーム・ニュートリティヴ・コンパンサトリスが発売されている。

フランス人の「水」への関心は、年々高まっているようだ。飲料水としてのミネラルウォーターの消費量は、1970年には年一人40リットルだったのが、1995年には108リットルと増加しているという。「水」ブームはまだまだ続きそうだ。

Davoliのおすすめメニュー

Davoliのおすすめメニュー

55.メデシン・デゥースがブーム

美容と健康にうるさいパリジェンヌが、最近よく話題にするのは、「メデシン・デゥース」。直訳すると「ソフト医学」。西洋医学とは違う、”自然の力”による治療法とでもいったらいいのだろうか。海水を利用したタラソテラピー、エッセンシャルオイルを使うアロマテラピー、指圧、アユーベーダまで、その種類はさまざまだ。

2月11日~15日に、「メデシン・デゥース」の大規模な展示会が、パリで開催された。会場内には、200以上のブースがあり、熱気むんむん。見学者は、ブースのスタッフに説明してもらったり、デモンストレーションをながめたりと、かなり熱心だ。

タラソテラピー、温泉、植物から作った薬品フィトテラピー、アロマテラピー、健康器具、健康インテリア、出版物、ナチュラル素材の洋服...。化粧品だけでも、タラソ、温泉、エッセンシャルオイル、シアバター、粘土と、数かぎりない。マイルドなメイクアップ製品で化粧してもらう人、天然ヘアケア製品を見る人、お試し化粧品をもらう人など、美しくなりたいパリジェンヌは忙しそうだ。

さらに、有機栽培の食品、チーズ、パン、ワインなども並び、食事をするコーナーも設けられている。フランスのビオ(自然食品)ブームも、すっかり定着した様子。

ブースはまだまだ続く。絵を描いて心の病を治すアートテラピー、自然治癒力で元気を取り戻すナチュロバテー、中国に伝わるキコン、オリエンタル美容サバの女王、チベット式マッサージなどなど。世の中には、こんなに治療法があるものなんだ!豆腐をアレンジしたトウフ、指圧、お線香、着物、座布団。これらのブースにも、フランス人は興味津々といった感じ。

我々日本人は、意識しなくても「メデシン・デゥース」に精通しているってこと!なのだろうか?

アルマ橋のトンネル

アルマ橋のトンネル

56.アロマテラピーでダイエット

3月に入り、春の足音が聞こえる・・といいたいところだが、まだまだ寒さが厳しいパリ。この季節、フランスの女性誌は、どこもかしこも「ダイエット特集」を組んでいる。薄着になる前に、厚いコートに隠れたゼイ肉をなんとかしようというのが、彼女たちの魂胆らしい。化粧品メーカーも、やせる化粧品を次々と発売し始めた。

よりナチュラルにやせたいパリジェンヌに人気なのが、アロマテラピーダイエット。やせる効果のあるエッセンシャルオイルを利用して、健康的にスリムになろうというもの。飲んで体内に摂り入れる、肌につける、香りを吸収する。この3つが、アロマテラピーダイエットの基本。ただし、純粋なエッセンシャルオイルを使い、使用上の注意が必要。

利尿効果、老廃物除去、排出効果のあるものが、やせるエッセンシャルオイル。ローズマリー、フェンネル、ラベンダー、タイム、レモン、グリーンアニス、ネズの実、セージなどが適している。

一番簡単なのが、やせるエッセンシャルオイルを入れたお風呂。レモン、ラベンダー、ローズマリーのエッセンシャルオイルを4滴ずつたらし、湯船につかるだけでOK。肌に浸透し、さらに蒸気を吸うことで体内に吸収され、効き目バツグン。また、レモンかローズマリーのエッセンシャルオイル5滴を、マイルドなアーモンドのオイルに混ぜ、体全体をマッサージするのも効果的。
肝臓または腸の部分だけをマッサージする場合は、1~2滴で十分。食事の前に、やせるエッセンシャルオイルを20滴飲むという手もあるが、これは専門家のアドバイスを受けた方が無難。

年々、ダイエット熱が高まるフランス。ただし、パリジェンヌはハードなエクササイズが大の苦手。自然の香り漂うダイエットで、気持ち良くやせるのがお好きなようだ。

←  前のページ         次のページ  →

スポンサーリンク
de Paris 記事ピックアップ

43.インド式ダイエットに熱い視線!

最近のヨーロッパは、西洋医学よりも、伝統的な療法を見直す傾向が強い。これは、美容の分野にも....[続き]

13.「朝はクロワッサン」はもう古い?

朝の光を浴びながら、ベッドで食べるフランス式朝食。焼きたてのクロワッサンに大きなボールに...[続き]

8.ダンスのリズムが春を運ぶ

冬物バーゲンが終わり、ブティックのウィンドウが春のファッションで明るく彩られる2月は、実は一番寒さが厳しい時期である。...[続き]

New York & San Francisco

ニューヨーク便り 1996-1998

ゆったりとして自由な、9.11以前のニューヨークとニューヨーカーのライフスタイル。

サンフランシスコレポート 2001-2011

個性を尊重し、「自由と寛容」の伝統精神が生きる街が多くのチャンスを生み出します。

サンフランシスコの面白看板

市内・近郊で見かけた面白い!不思議な?看板です。Google mapで付近を見られます。

wellbaホーム
アロマテラピーindex
アロマテラピーの楽しみ方
エッセンシャルオイル
アロマテラピー心のために
心と身体の状態別アロマテラピーガイド
簡単にできるアロマテラピーの101の方法
ハーブの楽しみ方健康情報
基本のハーブ紹介
自然派美容

リンパ・ドレナージュ(リンパマッサージ)
リラックス・ツボマサージ
エクササイズ ボール
セロトニン調整体操
簡単!一口ダイエット
リラックスのヒント
Oriental Relaxation Tips
一病息災
漢方医列伝

健康・美容TOPICS
食エッセンス
医食同源ア・ラ・カルト
ウエルエイジングNEWS
池野佐知子の「シンプルスタイル」
ニューヨーク便り 1996-1998
サンフランシスコレポート 2001-2011
サンフランシスコの面白看板
Caution! San Francisco
パリ通信 1996-2000