sponsors

ターンオーバーと睡眠

快適睡眠

毛穴の開き、たるみ、小じわ、カサツキ、くすみ…お肌のトラブルは睡眠不足が大きな原因。美しさの始まりは、上質な睡眠から。美は夜、作られるのです。

あなたは、よく眠っていますか?忙しい毎日に思うように睡眠が取れない人も多いでしょう。日々のストレスから解放されずに、ベッドに入ってもなかなか眠りに落ちないという人もいるかもしれません。不眠は現代病の一種とも言われます。眠るというシンプルな行為は、実はとてもデリケートなこと。心と体が正常に動いているか否かを図る大切な要素でもあります。

ターンオーバー(お肌の生まれかわり)周期にムラが睡眠と美容には密接な関係があります。女性の美しさにとって、睡眠はとても大切なものなのです。

「美は夜作られる」という言葉があるほど、美容にとって大切な睡眠ですが、たとえば、睡眠不足が続くと、私たちにどんな影響が出るでしょう。誰でもまず思い当たるのが、目の下にクマができる、ニキビや吹き出物ができる、肌がくすむ、肌が荒れる等のスキントラブル。普通、健康な肌は28日間で生まれかわります。これをターンオーバーと言いますが、ターンオーバーが規則正しくスムーズに行われれば美しい肌が保てるというわけです。
睡眠不足によって、肌がきちんと休みを取れない場合、このターンオーバーの周期にムラができてしまいます。結果、スキントラブルが続くというわけです。

ホルモンバランスにも悪影響

いちばん注目したいのがホルモンバランスの崩れ。ギリシア語で刺激するを意味するホルモンとは、私たちの心と体のバランスを保つ大切な要素ですが、睡眠不足はホルモンの分泌を減少させてしまいます。

特に脂肪を分解し、エネルギー源に変える成長ホルモンは熟睡中に分泌されるもの。つまり、ダイエットには良質の睡眠をタップリ取ることが必要になってくるのです。きちんと食事に気を付けているのに、思うように体重が減らないというあなた。きちんと睡眠は取っていますか?寝る子は育つなどと言われますが、寝ない子には美しい体は与えられないのです。

また、肩凝りや腰痛などの慢性疲労的な病気も睡眠不足が原因のひとつ。深い眠りにつけないと、体は本当の意味でのリラックスを得ることができずに、血行が悪くなります。血行の悪さは、体に流れるリンパ液の流れも滞らせて、体内に疲れを残してしまうのです。

朝起きても、なんとなくダルい。疲れが取れない。ムクミが出ているなどは、睡眠不足が原因の場合が多くあります。マッサージや体操などの対処療法も大切ですが、まずは睡眠を見直すこと。睡眠をあなどる人には、大きな落とし穴が待っているのです。

では、私たちが美しくあるために。良質の睡眠とはどんなものか、どうすればいい眠りが得られるのでしょうか。ひとつには、自分の睡眠のリズムを正しく知ること。普通、6~8時間が人間がスッキリ眠ったと感じられる睡眠の長さだと言われています。

ただし、眠りのリズムには個人差があるので、自分が最も気持ち良く目覚められる眠りの長さを理解してください。一般には1時間30分の単位で深い眠りと浅い眠りが訪れると言われています。まだ、自分の心地いい眠りの長さがわからない人は1時間30分の倍数で考えてみるといいかもしれません。

大切なのは眠る時間帯。それぞれに生活のペースがあるでしょうから、無理にとは言えませんが、肌のことを考えれば11時にはベッドに入っていたいもの。肌の新陳代謝は夜10時から深夜2時までが最も活発です。その時間帯に眠っているか否か。これが肌を作る大切な分岐点にもなります。

深夜1時から2時までの間には、深く穏やかな眠りについている。これが、美しい肌への第一歩でもあるのです。

sponsors
sponsors
 
こちらの記事もお役に立てるかもしれません。