タイトルロゴ
「気味の正なるものは穀食のたぐい。以て人の正気を養う。
気味の偏するものは薬のたぐい。以て人の疾病を治す」
と古書にあります。香りや味のマイルドなものは食品で体力を養う、
香りや味のきついものは毒にも薬にもなり疾病を治す。
というものですが、すっきりとは分けられないのが医食同源の由縁です。

日常的に馴染み深いこうした「漢方食材」を紹介していきます。

東洋医学内科/理学診療科
松柏堂医院院長  中村 篤彦