最新アーカイブ

”Travel therapy:旅セラピー” で認知症を改善!生活の質の向上を。

家族旅行などの旅には、ココロのケアという健康面で、とても優れた効果があったのです。

耳の痛い話!飲むほどに縮む脳!

少量のアルコール消費でさえも、脳にリスクをもたらす可能性がある!

身近で入手しやすい食材をチョイス!COVID-19 に有効性を示しているビタミン・ミネラル含有食物

コロナ感染に効果が期待できるバランスのとれた食材で、自己免疫力を UP! 。
neat

ながらダイエットができる”NEAT” (非運動性熱産生:日常生活行動)とは?

日常生活の中でのこまめな動きを貯蓄して、ダイエットにつなげましょう。
oyster

牡蠣と絶妙なコンビ、うま味成分相乗効果のモノとは?

うま味成分の相乗効果は、完璧な相性の良い組み合わせとなることが科学的に証明されました。

ドライ ジャニュアリー (Dry January)!?新年は、禁酒月間でクールにスタート!

「1ヶ月間お酒を1滴も飲まないで過ごそう」キャンペーンが、トレンドになりつつある欧米です。

認知機能の低下防止に役立つ2つの特定されたライフスタイルとは?

健康的な脳を保つためには、強度が中程度の身体活動と学習活動が決め手。

トマトの色を決めているカロテノイドやクロロフィルのような色素が、トマトの”風味”を決めていた。

アポカルテノイドの蓄積量の改良により、生産者も消費者も喜べる、トマトを見つけることができるかもしれない。

COVID-19生活で役立つ身体活動の「カクテル」処方は、3対1

健康の改善や長寿の為の身体活動は、座位1時間当たり3分間の中程度以上の運動の組み合わせが、ベスト。
地中海食

健康的な植物性食品の食生活は、COVID-19への感染と重症化のリスクを低くする。

健康的な植物性の食品を中心とした食生活は、COVID-19に感染するリスクが低く、たとえ感染しても重症化するリスクも低くなる。

体重増加防止対策にナッツダイエット!肥満リスクも回避!?

日常食の精製された穀物&加工肉&デザート等を一握りのナッツに置き換えるだけで、体重の増加や肥満のリスクを減らすことができるようになります。
リンパ浮腫セラピスト養成講習会

医療者を対象としたリンパ浮腫セラピスト養成講習会

リンパ浮腫セラピスト養成講習会が、がん研有明病院リンパ浮腫治療室の主催で、2019年4月27日(土曜日)~5月6日(月曜日)の間に行われます。
pet

ペットと飼い主が、そっくりだと思うのは私だけ!?

ペットは飼い主に似る。ミシガン州立大学の研究で犬と飼い主は、性格の特徴を共有していることがわかりました。
ハンドグリップ

5kg 握力が低下するごとに、男性16%!女性20%!も全死因死亡リスクが上がる。

握力が5kg 下がると、全ての死因死亡リスク(ハザード比)が20%上昇することが、わかりました。
アルツハイマー

睡眠不足は、やっぱりアルツハイマー病の危険因子だった!

一夜の徹夜が、アルツハイマー病の原因となる、脳内タンパク質 β-アミロイドを上昇させる。