セルライト

薄着で肌の露出度が高くなる春から夏にかけて気にする人が多いセルライトですが、日本人女性の80%以上が持っている症状とも言われています。思春期以降なら予防のために日々適切なケアを続けることが必要です。セルライトが出来てくると血液やリンパ液の流れ、新陳代謝が悪くなり、むくみ、血行不良、冷え性、ダイエット効果がみられないなどの原因となります。

セルライトとは?

セルライトとは(Cellulite=Cellule[細胞]+ite[鉱物を意味する接尾語])1970年代に作られたフランス語の造語です。カテージチーズスキンとかオレンジピールスキンと呼ばれるように肌を触ると凸凹したツブツブの塊を感じたり、進行してくると目で見えるようになります。女性に多く見られ、年齢や痩せているとか太っているとかの外見には全く関係有りません。特に二の腕や下半身(お腹、お尻、太腿、ふくらはぎ)にできやすいく、古い脂肪と老廃物の塊です。

原因は、ストレス・ホルモンバランスの乱れ・過労・運動不足・無理なダイエットなどによる栄養不足・過度な肥満などによる血液の循環障害と考えられています。(血液の流れが悪くなるともちろんリンパ液の流れも滞りがちです。)
ダイエットによって体重は減少し、脚は細くなっていても一度できると自然に解消することはありません。かえってやせにくい体質になってしまいます。出来ている人はもちろん、出来ていない人も積極的にスキンブラッシングやアンチセルライト・オイルマッサージ、リンパ・ドレナージュ(リンパマッサージ)を一日に1回~2回、約5分間(このくらいが丁度良い時間です)するように心がけましょう。

 リンパ・ドレナージュ(リンパ・マッサージ)の方法

セルライトの進行をまずチェック!

初期状態

正常な皮下脂肪組織から脂肪組織が肥大化。肥満状態になってはいても栄養や老廃物のやりとりは可能。バランスのとれた食事とエクササイズでダイエットが可能です。お肌の表面に変化は見られません。予防の意味でオススメです。

第1段階

(症状)むくみ・部分的な冷えを感じる。
エデマ(血管の壁が弱くなり血漿が漏れてたまった膨らみ、浮腫)が出現。これによりコラーゲン繊維が壊され、組織を正常に維持するのが難しくなります。見た目にはほとんど分かりません。適切なセルライトケアを始める時期です。

第2段階

(症状)太股を両手でつかみ、ギュ~と強く捻ってみると凸凹が見られるようになる。手の平で皮膚の表面を押し触ったときにボコボコを感じる。ちょっとぶつけただけで内出血する。
循環障害により、酸素の供給が滞り始めます。エデマがコラーゲン繊維を破壊しブヨンブヨンの脂肪細胞の周囲に老廃物を蓄積します。局部的にセルライト出現です。

第3段階

(症状)内出血しやすくなる。皮膚の老化が始まり肌の表面に凸凹のオレンジピールスキンが見られる。酸化(エイジング)により肌の張りとツヤがなくなる。むくみがひどくなる。
コラーゲン繊維は再生する時、いくつもの脂肪細胞と老廃物も一緒にまとめて包み込みます。いくつも出来たこの塊(セルライト)は真皮層のコラーゲンと結びついて引っ張られます。エデマは増大して行きます。

第4段階

(症状)血行障害が悪化する。痛みがある場合も。
セルライトが肥大化し、外科的な手術が必要になるとも言われてます。

sponsors

オイルマッサージでセルライト対策!

オイルマッサージは、エッセンシャルオイルの持つ力にデトックス作用も加わり、効果的にセルライトを取り除くベストな方法です。セルライトに効果が期待できるエッセンシャルオイルを使ってブレンドオイルを作ります。肌を傷めることなく脂肪のかたまり部分を両手でつかみやすくなります。

オイルマッサージに使う植物油

スィートアーモンド油、ホホバ油、マカデミアナッツ油、グレープシード油、オリーブ油などアロマテラピー用のベースオイルまたはキャリアオイルと呼ばれる物、もしくは化粧品規格の100%の植物油。
オイルはベタつきが気になって使用したことがない方もいますが、上記のオイルは肌になじみやすく、軽い感触のオイルですので、是非一度お試し下さい。

注意:グレープシード油、オリーブ油などのクッキングオイルは製造法が違うので使用しない。

オイルマッサージに使うエッセンシャルオイル

グレープフルーツ、ジュニパーベリー、フェンネル、ブラックペッパー、サイプレス、ジンジャー、ローズマリーレモングラスなど利尿作用、新陳代謝アップ、血行・リンパの流れを促進してくれる作用をもつ種類です。消化器官の働きもサポートしてくれますので、老廃物を排泄させ(デトックス)、スッキリとしたボディを作ります。

注意:病気治療中や妊娠中の方はもちろんですが、特に腎臓機能の弱い方、高血圧の方はこれらのエッセンシャルオイルの使用はさけて下さい。植物油でマッサージするだけでも代謝を上げる効果があります。

レシピ

腹、お尻、太腿、ふくらはぎなどに使用して、2~3回分あります。

1.ベーシックなレシピ(シンプルですが、基本として欠かせないエッセンシャルオイルをブレンドします)
  • 植物油 30ml
  • ジュニパーベリー 3滴
  • グレープフルーツ 3滴
2.応用レシピ(基本2種類の分量を多めにし、他はご自分の状態や好みの香りでチョイス)
  • 植物油 30ml
  • ジュニパーベリー 2滴
  • グレープフルーツ 2滴
  • フェンネル 1滴
  • サイプレス 1滴
 アロママッサージについて
(注1)何か諸症状を感じている方は、かかりつけの医師にご相談下さい。
(注2)妊娠中、授乳中の安全性については充分なデータがない場合あるので、使用をさけてください。
sponsors
sponsors
こちらの記事もお役に立てるかもしれません。