自分の肌や身体、身の回りの環境の細部を把握し、洗いなおしてみましょう。

ハーブ

混合肌(脂っぽい所とかさつく所がある肌)の原因

  1. ホルモン・バランスのくずれ(生理前後や季節の変わり目など)
  2. ストレス
  3. 現在使用している化粧品類の不適合
  4. 過剰なスキンケア(落としすぎ&補いすぎ)
    日焼けやかぶれなどの外傷による部分的なかさつき
  5. エアコンによる乾燥
  6. 喫煙や化粧品類、食品などの有害物質の影響
sponsors

混合肌の対策

一般的にTゾーンはやや脂うきしやすいものですが、乾燥部分と脂っぽい部分の差が激しい場合はホルモンバランスのくずれや生殖機能の低下が、Tゾーン以外の部分(例えば首や頬など)が脂っぽく吹き出物が出来たりする場合は内臓器官の不調が考えられます。

混合肌の人は脂性肌や乾燥肌にくらべ、深刻な悩みに至らず無頓着になりがちです。だからこそ、自分の肌や身体、身の回りの環境の細部を把握し、洗いなおしてみましょう。

  1. 食生活を改善し、ビタミン、ミネラル類をふくめバランスよく摂取する。
  2. ホルモン・バランスを整える。
    (基礎体温などを計り、自分の身体のサイクルを把握する)
  3. マッサージで新陳代謝を活発にし、正常化する。
  4. 化粧品類の見直し。肌にあった洗浄力や水分、油分のバランスのものを。
  5. 肌が正常化するまでは、日々の変化に注意をはらい、部分的にスキンケアを替える。
  6. 室内の湿度に注意をはらい、乾燥しすぎないよう環境を整える。

混合肌に向く精油(アロマオイル)

ゼラニウムラベンダーローズマリーなどのブレンド、ラベンダーネロリ

混合肌スキンケアの方法

洗顔

メイクなどを落とした後、無添加の石けんで洗顔する。

フェイシャル・サウナ

洗面器や洗面台に熱いお湯をはり精油を1~2滴落とす。
蒸気が逃げないようにバスタオルを頭からかぶり、目をつぶり顔を蒸気に10分位あてる。

ディープ・クレンジング(クレイ・パック)

ハーブ専門店や自然食品店などで取り扱っているフラー土(モンモリオナイト)大さじ1杯に精製水大さじ2杯、精油1滴を混ぜ合わせる。お好みでドライバーブの粉末やハチミツ、ホホバ油などの植物性オイルを加えてもよいが、顔にぬった時流れ落ちない程度の粘度にして下さい。
上記のパックを顔にぬり、5分位したら洗い流す。基本的には週一回程度で、脂うきするTゾーンだけをこまめに行なうのもよい。

フローラル・ウォーター

精製水100mlに精油を1~2滴落とし混ぜ合わせ、よくシェイクして使用する。

マッサージ・オイル

ホホバ油、ツバキ油、スウィートアーモンド油などの植物性オイル10ml(さかずき一杯位)に、精油を、2~3滴落として混ぜ合わせる。
作り置きする場合は植物性オイル45mlと酸化防止のための小麦胚芽油5mlに精油を、トータルで15滴位落として混ぜ合わせる。

脂っぽい部分にオイルをつけるなんて抵抗があるかもしれませんが、精油を肌に浸透させるために植物性オイルでうすめる必要がありますし、植物性オイルで余分な皮脂を誘い出すと共に、角質を柔らかくしてはがれ落ちやすくするためです。
マッサージは肌に負担をかけない程度に、オイルをたっぷり使い、顔の筋肉にそって下から上に指を滑らすように行います。リンパ液の流れをよくするためにも、首も忘れずに行って下さい。

sponsors
sponsors