消化を助けるハーブ
sponsors

食欲増進、消化促進、抗菌作用のあるハーブ酒、ハーブティの作り方

ハーブは辛味、苦味、甘味や強い香りを持つものが多く、唾液や消化液の分泌を促す作用があります。食事時、肉や魚などと一緒にハーブを食べると、食物の消化を助けてくれます。

特に、ディル、アニス、クミン、ウイキョウ、カミツレ、レモングラス、ペパーミント、ニンニク、タイム、セイヨウノコギリソウ、タラゴン、ワサビダイコン、セイヨウタンポポ、ニガハッカ、ヨモギ、セージなどは食欲を増進させことで知られています。その上、腸内に発生したガスの排出を助ける駆風剤としての作用や、食中毒を防ぐ抗菌作用もあるので、昔から、ハーブやスパイスは多くの料理に使われてきました。

1.タラゴンの食前酒

  • フレンチタラゴンの小枝4本バニラの莢1/4本
  • ブランデー600ml

材料をブランデーに2週間浸し、濾過してから瓶に入れる。食事の前に食前酒として大匙1杯飲む。

2.アニス入り食前酒

  • ヒメウイキョウ(種子)小匙1杯ブランデー600ml
  • ウイキョウ(種子)小匙1杯砂糖50g
  • アニス(種子)小匙1杯

種子は砕いて1ヵ月間浸して、濾過したものを瓶に詰める。食前に大匙1~2杯飲む。

3.消化剤用薬湯

  • ウイキョウ(砕いた種子)小匙1杯セイヨウヤマハッカ小匙1杯
  • ペパーミント(乾燥粉末)小匙1杯熱湯600ml
  • カミツレの花小匙1杯

材料に熱湯をかけて、10分間放置した後、濾過する。
一日に3回、大匙で3杯飲む。子供にはカップ1杯のホットミルクに大匙1杯加えて飲ませる。

sponsors
こちらの記事もお役に立てるかもしれません。