ハーブリース
sponsors

ハーブで作ったリースはいかが

リースを作る習慣は、古代ギリシャやローマ時代からあり、リースの円形は永遠、天国、完璧を表すシンボルとされてきました。中世には魔除けとして、戸口や鍵穴に下げられました。競技の勝利者に与えられる月桂樹の冠は、雷鳴や稲妻から身を守るものと信じられていました。

ギリシャ神話でも太陽の神アポロンが、月桂樹に変身したダフネを想い続け、一生この冠をつけていたと語られ続けています。今でもクリスマスになると、モミノキの小枝で作ったカナディアンリースに、クリスマスの飾りをつけたリースに、人気が集まります。乾燥したハーブや花や、新鮮なハーブで作ったリースも一年中見られるようになって来ました。

ハーブリースの作り方

ハーブのリース

ハーブリースを作る時は、まず円形の土台を作るのですが、最近は花屋さんや、手芸店で販売されています。ナチュラルな雰囲気を出すには、野山や庭などにある自然の素材を生かすのが効果的です。例えば、ヤマブドウ、アケビ、フジ、スイカズラ、ツルウメモドキ、キーウイ、ホップなどの蔓は丸めると、自然のリースができます。これらの土台にハーブを飾りつけると、香りのよいすばらしいリースができあがります。

リース作りに必要な道具

  • 木工ボンドまたは接着ボンド
  • アートフラワー用ワイヤー(24番)
  • フローラテープ
  • 発砲スチロールかスタイロホームの土台

リースの作り方

ブドウなどの生の枝(乾燥すると堅くなり加工し難くなる)を太さの応じて数回丸めて、リースの大きさの輪をつくります。乾燥した蔓は一晩水につけて丸めると加工しやすいです。

  1. リースの全体の形を見て上下を決める。上の中心には壁掛け用のワイヤーを付ける。
  2. 束にしたハーブを蔓にワイヤーで止める。リースの輪の4~6箇所程度ポイントを作り、ここに色の濃いものや鮮やかな色のものを固定する。
  3. 次に小さな束でワイヤーを隠すように取り付ける。
  4. 全体の形を整え、ワイヤーなどが見えるところはフロラーテープを巻く。

アロマテラピーの楽しみ方
 アロマテラピーでクリスマスの演出(2)—みんなでワイワイ派のクリスマス—
 アロマテラピーでクリスマスの演出(2) —ムーディに過ごしたい派のクリスマス—

sponsors
こちらの記事もお役に立てるかもしれません。