ハーブ染色
sponsors

金属がハーブの色をだす

ハーブには、古くから染料として使われてきたものが多くあります。学名にチンクトリア(tinctoria)とついたものは伝統的な染料植物です。特に代表的なものが、アルカネット、ダイヤーズカミツレ、ホソバタイセイなどです。

染料になるハーブは花、葉、根などに色の素になる、フラボン、タンニンなどのフェノール性の成分を豊富に含んでいるのが特徴です。これらの成分は金属のイオンと結合して、様々な色に変化します。この金属を含んだのもを媒染剤といいますが、草木を燃やしてできた灰には、金属が豊富に含まれ媒染剤として利用できます。植物によつて金属の種類と量が違うため、発色が微妙に違ってきます。また、金属を含んだ泥や、鉄や銅などを酸で溶かし、その上澄み溶液を使うこともできます。

ハーブ染色の魅力

ハーブ染色

18世紀ごろから、化学工業の発展により、合成の染料が発明されて、天然色素がほとんど使われなくなりました。合成の染料は色が鮮明で、着色力が強い上に退色も少ないのが特徴です。天然素材を使うハーブ染色は、合成染料のように、鮮やかな色をだすには向いてませんが、ハーブに含まれる成分は、複数で合成染料にない微妙な色合いをかもしだします。ハーブの収穫時期は栽培した土地などによって、色合いが微妙に変わります。それだけに、ハーブ染色の色は他にない、自分だけの色となるのが魅力です。ハーブ染色は、仕上がりるまでは、どんな色が出るのか分からないので、仕上がりにはときめきを覚えます。

ノコギリソウでの染色実例

材料
  • 絹生地(被染色物)1m2 3 枚
  • セイヨウノコギリソウの花 乾燥物(黄色花) 100グラム
  • ミョウバン 2グラム
  1. セイヨウノコギリソウを約3リットルの水で30分煮て、布で濾して染色液とする。
  2. この液に水に浸しておいた布地を入れ、30分間弱火で煮ながら、斑ができないように箸などで染色液のなかで布地を広げる。
  3. 液を冷まし、水洗してから脱水する。媒染剤を1.5リットルの水に溶かし、この液に染色した布地を20分間浸し、水洗いしてから乾燥する。媒染剤をクロムや銅に代えると発色が変化する。
染色に使うハーブ
植物名 利用部位 媒染剤
ローズマリー(シソ科) 生全草 アルミニウム 黄緑
オレガノ(シソ科) 乾燥葉 銅、鉄、アルミニウム
セージ(シソ科) 乾燥全草 鉄、クロム、アルミニウム 黄、緑青
タンジー(キク科) 乾燥花 アルミニウム 緑黄
チコリ(キク科) 葉、茎 アルミニウム
セイヨウノコギリソウ
(黄)(キク科)
乾燥花 銅、クロム、アルミニウム 黄、黄緑
アルカネット(ムラサキ科) アルコール抽出
ウッドラフ(アカネ科) 乾燥葉 ベージュ系
オニオン(ユリ科) 外皮 銅、鉄、アルミニウム 黄、茶
ベニバナ(キク科) アルミニウム
ダイヤーズカモミール
(キク科)
乾燥花
エニシダ(マメ科) 生全草 アルミニウム、銅 緑、黄
ホソバタイセイ
(アブラナ科)
生葉、根 なし
sponsors
sponsors
こちらの記事もお役に立てるかもしれません。