ヘアケア
sponsors

長く使えるハーブのヘアケア

ハーブはヨーロッパでは、古くから整髪料として使われてきました。これは、ハーブの持っている殺菌作用、髪の色を整える色素やタンニン、血行促進作用、育毛作用の力によるものです。

髪の毛だけが髪のお手入れではなく、頭皮を清潔に保ち、適度な刺激を与えることによって、活性化させ、十分に栄養を行き渡らせることがとても大切です。ハーブの成分は、化学薬品と違ってナチュラルなものなので即効性はありません。しかし、長期に渡って使用することにより、髪に栄養を与えて、ツヤのある髪にしてくれます。また、頭皮にも直接作用して皮脂の分泌を抑え、フケを防ぐ作用もあります。

ハーブヘアトニックの作り方

用意する物
  • ラベンダー乾燥花 1g
  • ローズマリー乾燥全草 1g
  • 無水エタノール 20ml
  • 精製水 190ml
  • バーチ精油 1滴
  • 褐色のガラス瓶(約200mlの密閉できるもの)
    作り方
  1. 無水エタノールにハーブを漬け込み、チンキ剤を作る。
  2. これにバーチ精油をたらし、混ぜ合わせる。褐色の密閉できるガラス瓶に入れてから、精製水を加えて保存して、必要に応じてヘアトニックして使う。
冷暗所なら3月は保存できる。

タイプ別髪の毛と頭皮のためのハーブ

1.普通の髪

カミツレ、ルバーブ(根)

2.乾性の髪

ウスベニタチアオイ、ヒレハリソウ、セイヨウニワトコ(花)、マルメロの花

3.脂質性の髪

ミント類、キンセンカ、レモンバームラベンダー、セイヨウノコギリソウ、レモングラス

4.抜け毛用

アーティチョーク、ローズマリーラベンダータイム、ボダイジュ(花)、キンセンカ、オランダガラシ、マルメロ

毛髪に効果のあるハーブ
植物名(科名) 利用部位 効能
キャットニップ(シソ科) 育毛、かゆみ止め
ニンニク(ユリ科) 鱗茎 ふけ止め
キンセンカ(キク科) 髪の色を明るくする
ビロードモウズイカ(ゴマノハグサ科) 髪の色を明るくする
パセリ(セリ科) 葉、茎 髪の色つやを艶やかにする
ローズマリー(シソ科) 葉、花穂 光沢を与え、色を濃く見せる
ルバーブ(タデ科) 黄色の色素として使う
セージ(シソ科) 養毛効果と髪の色を濃くする
ザボンソウ(ナデシコ科) 葉、根 クレンジング作用がある
ニガヨモギ(キク科) 養毛とふけ予防効果

アロマテラピーの楽しみ方
 美しい髪をつくるアロマ・ケア。お好みの精油でオリジナルのトリートメント、シャンプーを

sponsors
sponsors
こちらの記事もお役に立てるかもしれません。