sponsors
妊婦

妊娠中使用してはいけない精油。妊娠中に役に立つ精油とハーブ

妊娠中は体の外見だけではなく、心の状態や趣味趣向まで変化して、自分自身でも驚くほどです。
今までベーシックカラーのスーツに身を包んでいた人が、急にパステルカラーが着たくなったりするなんてこともあります。妊娠中は、おなかが大きくなると共に脳は単純化されて、子供のように自分の感じたまま、わがままに行動するのがいいですね。これは、おなかの赤ちゃんや自分の体が要求していることに耳をかたむけ、要求を満たしてあげる、「出産」に立ち向かうために本能的な人間になるとでも言った感じでしょうか。

しかし今は出産間近まで仕事を続ける人も多く、周りを取り巻く環境もストレスだらけです。そんな中でも、体や心の健康を保つために、アロマテラピーを利用して快適に過ごして下さい。薬をあまり使いたくない妊娠中こそ、アロマテラピーを多いに利用したいものですが、通常の状態とは違い様々な注意が必要です。妊娠中は母胎を守るために、体の全機能がフルに働き、自分自身でも食事など生活に気を使いますから、いつもより健康だと感じる人も多いのではないでしょうか。
アロマテラピーは、体がちょっと大変そうな時に助けてあげる補助的なものだと思って下さい。

妊娠中のアロマテラピーの注意事項

妊婦中や妊娠している可能性のある時に、使用してはいけない精油がありますので注意して下さい。

●妊娠初期から安定期に入るまでは使用してはいけない精油

ゼラニウム、ラベンダー、カモマイル、メリッサ、イランイラン

●妊娠中使用してはいけない精油

クラリセージ、ペパーミント、マージョラム、サイプレス、ジュニパー、バジル、スウィートフェンネル、パセリ、ジャスミン、ローズ、ローズマリー、シダーウッド、ミルラ(没薬)、レモングラス、セージ、ヒソップ

●つわりのとき

つわりがひどい時期は妊娠初期にあたりますから、あまり精油を用いない方が無難です。なるべくハーブティーなどで乗り切って下さい。
また栄養事情のよい現代ですから、入院するほど重症でないならば、無理矢理食べる必要はありません。食べたい物だけを食べ、憂鬱な気分をまぎらわすようにしましょう。お部屋にベルガモットグレープフルーツオレンジレモンなどの柑橘系の香りを香らせて、気分転換を。

●情緒不安

憂鬱、イライラ、急に悲しくなったり、感情のコントロールが難しいですね。香りにも敏感な時期ですから、下記の中で自分が好ましいと思ったものを少量用いて下さい。

ベルガモットグレープフルーツオレンジレモンラベンダーローマンカモマイルイランイランゼラニウムローズウッドサンダルウッドフランキンセンスネロリ

sponsors

マッサージ

マッサージは、足腰の痛み、こむらがえり、むくみ、妊娠線防止に役立ちます。ベースオイルはスィートアーモンドオイルやオリーブオイル、ローズヒップオイルがおすすめです。それに小麦胚芽オイルやカレンデュラオイルを10%位加えるとよいです。

ハーブティー

何百倍も濃い精油とは違い、ハーブティーは妊娠中の健康管理のために大変有効です。子宮や子宮筋を強壮し、ビタミン、ミネラルを含むラズベリーリーフがおすすめです。これは妊娠、出産、授乳すべての期間に飲むとよく、子供の下痢の時に飲ませるとよいです。

  • 免疫機能を強化するために、ビタミンCたっぷりのローズヒップ
  • 貧血が気になる方は、鉄分を含み増血作用を持つネトル

sponsors