20.張従正(ちょうじゅうせい)—攻邪に重きをおく

張従正
張従正(ちょうじゅうせい)  1156?~1228
張従正

金元四大家のNo.2

張従正、字(あざな)は子和(しか)、号は戴人。雎州考(しょしゅうこう)城(じょう)(今の河南省蘭考県)の人。劉完素のあとを継ぎ、汗吐下(かんとげ)の三法を主張した「攻邪派」の代表。金の海陵王正隆元年(1156)生まれ、哀宗正大五年(1228)卒。享年72歳。劉完素に次ぐ金元四大家のNo.2。

張従正は豪放磊落で親しみやすい人柄だったそうです。代々医にたずさわる家に生まれ、「内経」「難経」「傷寒論」などの医学書に精通しました。青年時代は軍医となり、都の太医院に招かれたこともありましたが、疫病の流行する乱世に身を置き、上官の送迎や馬前での敬礼といった醜態にたえられず、ほどなく職を辞して郷里に帰り、開業して人々の治療にあたりました。

勉学・診療のかたわら詩歌をよくし酒を愛し、金朝の統治に対する不満から「一張の琴、一壺の酒、一渓の雪、五株の柳」「紙の窓、土のオンドル、酔いて復た酔い日に夕にまま醒めれば五斗を呑む」生活を送る趣味人であったといいます。「竹林の七賢」に代表される、中国人が好む知識人のタイプのひとつの典型です。

張従正は劉完素に私淑し、寒涼の薬(攻邪の薬)を多く用いました。病気の原因を風暑湿火燥寒の六つに大きく分類し、これらの邪気を一切の疾病の根本的原因とし、まず邪を除いて正安を得るのが診療方針で、「そもそも病というものは人の身体にもとからあるものではなく、邪気が外から入ってきたり内から生じたりするだ」と主張しました。

漢方医学の基本は、正気(身体の丈夫さ、抵抗力)が衰えると邪気(病因、代表的には伝染病の細菌)が身体に侵入して病気をおこすと考えます。だから治療は正気を扶(たす)ける(補う)のと、邪気をたたく(瀉す)の二本立てとなります。どちらに重点をおくかで漢方家それぞれの個性が出るのです。

金元四大家No.1とNo.2の劉完素と張従正はともに邪気をたたく(攻邪)に重きをおいたのでした。
この考え方は、江戸時代元禄のころより日本の漢方の主流となった「古方派」と一脈相通ずるものです。

sponsors
sponsors
神農   しんのう   伝説の漢方医学の始祖  
扁鵲   へんじゃく   ハリ治療の始祖  
華佗   かだ   全身麻酔で外科手術を施す  
張仲景   ちょうちゅうけい   「傷寒雑病論」を著す  
王叔和   おうしゅくか   自らの脈論も併せて「脈経」を撰す  
皇甫謐   こうほひつ   針灸の必読書「甲乙経」を著す  
葛洪   かつこう   伝染病の研究大家  
陶弘景   とうこうけい   「神農本草経」の科学的整理  
巣元方   そうげんほう   「諸病源候論」を著す  
孫思襞   そんしばく   民間経験方を収集  
王翻   おうとう   「外台秘要」全40巻を編纂  
王閃   おうひょう   「黄帝内経」を整理  
丹波康頼   たんばのやすより   日本最古の医書「医心方」を編む  
王惟一   おういいつ   針灸術の発展に多大な貢献  
銭乙   せんいつ   小児科の開祖  
唐慎微   とうしんび   「経史証類備急本草」を著す  
成無已   せいむい   現存する最古の「傷寒論」全注本  
劉完素   りゅうかんそ   研究に没頭の「高尚先生」  
張元素   ちょうげんそ   易水学派の創始者  
張従正   ちょうじゅせい   攻邪に重きをおく  
李杲   りこう   「補中益気湯」を創方  
陳言   ちんげん   内・外・不内外、三因方を提唱  
陳自明   ちんじめい   「婦人良方大全」を完成  
厳用和   げんようわ   臨床経験を活かす  
王好古   おうこうこ   帰経と引経の新機軸  
朱丹渓   しゅたんけい   金元医学の集大成者  
戴思恭   たいしきょう   明の洪武帝の寵愛を受ける  
滑寿   かつじゅ   現在も使うツボ常用十四経  
王履   おうり   文芸にも優れる  
虞摶   ぐたん   最古の器具使用浣腸  
王綸   おうりん   医家の保守性を警告  
汪機   おうき   人参・黄包の運用に熟達  
薛己   せつき   「正体類要」を著す  
李時珍   りじちん   「本草綱目」に生涯を捧げる  
搜廷賢   きょうていけん   江戸時代のベストセラー  
方有執   ほうゆうしつ   病苦を克し大成  
繆希雍   びゅうきよう   英雄「神医安道全」  
王肯堂   おうこうどう   書物を著わすことに専念  
呉昆   ごこん   理論面の造詣に深く  
陳実功   ちんじつこう   中医の外科学を集大成  
張介賓   ちょうかいひん   30年を費やし「類経」32巻完成