sponsors

7.葛洪(かつこう)—伝染病の研究大家

伝染病の研究大家
葛洪(かつこう)  281?~341
葛洪

煉丹の過程の科学的発見

葛洪、字は稚川、丹陽句容(江蘇省句容県)の人。生まれは西晋の太康2年(281)ころ、東晋の咸康7年(341)ころ没。有名な煉丹家であり、流行病・伝染病の研究大家であった。彼は性格がのんびり、口下手で付き合い下手、質素な服を着て、無口だったので、人々は「抱朴の士」と呼び、自ら「抱朴子」と号した。
代々宦官の家柄で、祖父、父ともに仕官していた。のちに戦乱によって没落する。父の死後、苦しい生活のなかでも、彼は諸子百家を学び、医学や養生の道を研修する一方で、有名な術士である鄭隠に師事して、煉丹術を学んだ。

のち、仕官を勧められても固辞していた。が、煉丹術や医薬学のためとなると、葛洪は老いてからも句漏(こうろう)(今のベトナム北部ハノイの西、または今の広西チアン族自治区ともいう)の長官となることを要請した。晋の成帝は、彼の高齢を理由に許可しなかったが、「栄誉のためではありません。丹があるだけのためなのです」という葛洪のことばに、やむなく許可した。煉丹、薬採り、医術、著述に専念して、とうとう寿命を迎えた。

彼の著作活動は非常に広大で、およそ220巻以上という記録がある。「抱朴子」「金匱薬方」「肘後備急方」などである。「抱朴子」は全70巻で、戦国時代以降の神仙方術の集大成とともに政治的議論を収め、儒・道一体となった思想がうかがえる。「金匱(きんき)薬方」は100巻という大部であるが、散佚してしまった。「肘(ちゅう)後(ご)備急方」はもと「肘後救卒方」といい、「金匱薬方」中から選んだ実用的な方薬集である。「肘後」は手軽といった意味である。後に陶弘景らが補充整理していまに伝わる書名となった。

葛洪の功績は、まず煉丹の過程の科学的発見があげられる。煉丹とは錬金術であり、今でいう化学のことである。煉丹術が中国からアラビアに伝わり、のちにヨーロッパに伝わって、近代化学の萌芽となったといわれている。

流行病と伝染病の研究では、「肘後備急方」に次のようにある。
「発瘡頭面皮、状如火瘡、皆載白漿、不即治、劇者多死、治得差後、瘡瘢紫黒、此悪毒之気」。これは一体何の病気でしょう?
私たちも習ったことのある法定伝染病のひとつです。(答えは文末に)
この「肘後備急方」とまったく同文が記されている木簡が、最近の奈良平城京の発掘調査で発見された。紀元700年頃のものと見られる(木簡とは紙のなかった頃の木片で作ったノートのこと)。遣唐使たちが伝えたものだろう。

(クイズの答え)正解は「天然痘」でした。「あばたもえくぼ」のあばたを残すことで有名です。漢文が読めなくても、何となく漢字の様子であばたの印象を受けるでしょう。かの文豪夏目漱石は、この「あばた顔」で長く劣等感を懐いていたという話もあります。

sponsors
sponsors
神農   しんのう   伝説の漢方医学の始祖  
扁鵲   へんじゃく   ハリ治療の始祖  
華佗   かだ   全身麻酔で外科手術を施す  
張仲景   ちょうちゅうけい   「傷寒雑病論」を著す  
王叔和   おうしゅくか   自らの脈論も併せて「脈経」を撰す  
皇甫謐   こうほひつ   針灸の必読書「甲乙経」を著す  
葛洪   かつこう   伝染病の研究大家  
陶弘景   とうこうけい   「神農本草経」の科学的整理  
巣元方   そうげんほう   「諸病源候論」を著す  
孫思襞   そんしばく   民間経験方を収集  
王翻   おうとう   「外台秘要」全40巻を編纂  
王閃   おうひょう   「黄帝内経」を整理  
丹波康頼   たんばのやすより   日本最古の医書「医心方」を編む  
王惟一   おういいつ   針灸術の発展に多大な貢献  
銭乙   せんいつ   小児科の開祖  
唐慎微   とうしんび   「経史証類備急本草」を著す  
成無已   せいむい   現存する最古の「傷寒論」全注本  
劉完素   りゅうかんそ   研究に没頭の「高尚先生」  
張元素   ちょうげんそ   易水学派の創始者  
張従正   ちょうじゅせい   攻邪に重きをおく  
李杲   りこう   「補中益気湯」を創方  
陳言   ちんげん   内・外・不内外、三因方を提唱  
陳自明   ちんじめい   「婦人良方大全」を完成  
厳用和   げんようわ   臨床経験を活かす  
王好古   おうこうこ   帰経と引経の新機軸  
朱丹渓   しゅたんけい   金元医学の集大成者  
戴思恭   たいしきょう   明の洪武帝の寵愛を受ける  
滑寿   かつじゅ   現在も使うツボ常用十四経  
王履   おうり   文芸にも優れる  
虞摶   ぐたん   最古の器具使用浣腸  
王綸   おうりん   医家の保守性を警告  
汪機   おうき   人参・黄包の運用に熟達  
薛己   せつき   「正体類要」を著す  
李時珍   りじちん   「本草綱目」に生涯を捧げる  
搜廷賢   きょうていけん   江戸時代のベストセラー  
方有執   ほうゆうしつ   病苦を克し大成  
繆希雍   びゅうきよう   英雄「神医安道全」  
王肯堂   おうこうどう   書物を著わすことに専念  
呉昆   ごこん   理論面の造詣に深く  
陳実功   ちんじつこう   中医の外科学を集大成  
張介賓   ちょうかいひん   30年を費やし「類経」32巻完成