32.汪機(おうき)—人参・黄包(おうき)の運用に熟達

汪機
汪機(おうき)  1463~1539

臨床実践を経て内科・外科・針灸に通暁

汪機、字(あざな)は省次、祁門(きもん)(今の安徽省祁門)朴墅(ぼくしょ)の人。居が石山にあったので石山居士と号し、汪石山と呼ばれました。明の天順7年(1463)に生まれ、嘉靖18年(1539)に卒しました。享年76歳。

父の汪渭(字は以望)は丹渓に私淑し、医術に長けたことで名を馳せました。物静かな性格で栄達を求めず、つつましい暮らしぶりでした。母の病気を機に医学を志し、父の指導で扁鵲ら聖人の書を学びました。20年の研鑽と臨床実践を経て内科・外科・針灸に通暁し、奇病も治すことができたので、学者も学生もみな訪ねてきて教えを乞うたといいます。

sponsors

汪機の学問は丹渓学派の影響を受けていますが、気血の調補を重視し、特に気を補うことを熱心に行ない、人参・黄包(おうき)の運用に熟達していました。
漢方医学では人の身体に陰陽論を適用し、陽気と陰血のバランスで健康が保たれ、不足したときは補う薬が必要。人参・黄包は陽気を補う薬の代表、とされています。

汪機は「陰の足りない者は味で補うべし。人参・黄包は味甘く、甘いものは血を生じさせる。陰を補わずして何とする?陽の足りない者は気で温めるべし。人参・黄包は気が温であり、陽を補うことができる」、つまり、人参・黄包は陽を補うだけでなく、陰も補うことができる、と主張しました。丹渓が陰を滋養し陽火を降す治療方法を主としたのとは、だいぶ異なります。

外科治療では「外を治するには必ず内にもとづき、内を知りて以て外を求める」とし、「癰腫はまず内にできて後に外に形成される。したがって内を治療することを主とし、外を治療することを次とすべきで、やみくもに手術に頼ったりメスや針を乱用してはならない」といいました。

「余力のある実証を治療するのに適していて、不足のある虚証を治療するには適していない。古の人は身体が壮健で外に出る病が多かったので、針灸はたいへん効果があったが、今の人は虚弱で病を内に生じることが多く、針灸は湯液に及ばない」と主張しました。

「石山医案」「外科理例」「針灸問答」「医学原理」などの著述が有名です。「石山医案」三巻は、汪機の門人陳桷が明の正徳14年(1519)に汪氏の臨床ノートを編集したもので、汪機が脈診と望診に優れ、四診合参を重視した特徴がよく現われています。

sponsors
sponsors
神農   しんのう   伝説の漢方医学の始祖  
扁鵲   へんじゃく   ハリ治療の始祖  
華佗   かだ   全身麻酔で外科手術を施す  
張仲景   ちょうちゅうけい   「傷寒雑病論」を著す  
王叔和   おうしゅくか   自らの脈論も併せて「脈経」を撰す  
皇甫謐   こうほひつ   針灸の必読書「甲乙経」を著す  
葛洪   かつこう   伝染病の研究大家  
陶弘景   とうこうけい   「神農本草経」の科学的整理  
巣元方   そうげんほう   「諸病源候論」を著す  
孫思襞   そんしばく   民間経験方を収集  
王翻   おうとう   「外台秘要」全40巻を編纂  
王閃   おうひょう   「黄帝内経」を整理  
丹波康頼   たんばのやすより   日本最古の医書「医心方」を編む  
王惟一   おういいつ   針灸術の発展に多大な貢献  
銭乙   せんいつ   小児科の開祖  
唐慎微   とうしんび   「経史証類備急本草」を著す  
成無已   せいむい   現存する最古の「傷寒論」全注本  
劉完素   りゅうかんそ   研究に没頭の「高尚先生」  
張元素   ちょうげんそ   易水学派の創始者  
張従正   ちょうじゅせい   攻邪に重きをおく  
李杲   りこう   「補中益気湯」を創方  
陳言   ちんげん   内・外・不内外、三因方を提唱  
陳自明   ちんじめい   「婦人良方大全」を完成  
厳用和   げんようわ   臨床経験を活かす  
王好古   おうこうこ   帰経と引経の新機軸  
朱丹渓   しゅたんけい   金元医学の集大成者  
戴思恭   たいしきょう   明の洪武帝の寵愛を受ける  
滑寿   かつじゅ   現在も使うツボ常用十四経  
王履   おうり   文芸にも優れる  
虞摶   ぐたん   最古の器具使用浣腸  
王綸   おうりん   医家の保守性を警告  
汪機   おうき   人参・黄包の運用に熟達  
薛己   せつき   「正体類要」を著す  
李時珍   りじちん   「本草綱目」に生涯を捧げる  
搜廷賢   きょうていけん   江戸時代のベストセラー  
方有執   ほうゆうしつ   病苦を克し大成  
繆希雍   びゅうきよう   英雄「神医安道全」  
王肯堂   おうこうどう   書物を著わすことに専念  
呉昆   ごこん   理論面の造詣に深く  
陳実功   ちんじつこう   中医の外科学を集大成  
張介賓   ちょうかいひん   30年を費やし「類経」32巻完成