sponsors

21.李杲(りこう)—「補中益気湯」を創方

李杲
李杲(りこう)  1180~1251
李杲

内傷学説を提唱

李杲は豪族の家に生まれ、幼い時から博覧強記で、弱冠にして儒生として名を知られましたが、ちょうどその頃、母の王氏が病に倒れました。そこで発奮して易州の張元素について医学を学び、数年を経ずしてことごとくその法を修めたといいます。

李杲が生きたのは、金と元がたびたび干戈を交える戦乱の時代でした。元兵の殺戮を逃れて開封へ行き、医術で公卿や貴族の間をわたり歩いていましたが、ほどなく開封も攻められ、城門は閉ざされ住民は飢餓に苦しみ、疫病の流行で、城内では百万にのぼる人々が次々に死んでいきました。
李杲はその様子を目のあたりにして、内傷が疾病発生の主たる要因であるという内傷学説を提唱しました。当時一般の医家は、張仲景の方(傷寒論)か河間・子和の法(攻邪派)を遵守するのみで、新しい工夫がありませんでしたが、李杲は各地の疫病流行の状況を観察し、多くの疾病が必ずしも外感風寒によっておこるのではなく、不安定な社会環境や人民の疲弊・飢餓・ストレスにより、寒温がバランスを失うのが原因であると考えました。

彼の著書である「内外傷弁惑論」には、「内傷熱病」と「外感熱病」の脈象・寒熱・頭痛など各方面での違いが詳細に述べられています。外感熱病には攻邪の方法を用いるのがよろしいが、内傷熱病には「正を扶(たす)け以て邪を去る」べきである、というのが彼の治療原則です。

また脾と胃が人体で重要な働きをし、「脾胃を内傷すれば百病がそのために生ずる」とし、元気は生命活動の源泉・健康の根本であり、「脾と胃こそ元気の盛衰を決定するカギである」と主張しました。
そこで後世「補脾派」と呼ばれています。現在でもさかんに用いられる「補中益気湯」という漢方薬は彼の創方です。中は脾胃のことで、彼の考え方をそのまま方剤の名前にしたものです。多くの種類の生薬を少量ずつ用いて組み合わせるのも、彼の方剤の特徴でした。

sponsors
sponsors
神農   しんのう   伝説の漢方医学の始祖  
扁鵲   へんじゃく   ハリ治療の始祖  
華佗   かだ   全身麻酔で外科手術を施す  
張仲景   ちょうちゅうけい   「傷寒雑病論」を著す  
王叔和   おうしゅくか   自らの脈論も併せて「脈経」を撰す  
皇甫謐   こうほひつ   針灸の必読書「甲乙経」を著す  
葛洪   かつこう   伝染病の研究大家  
陶弘景   とうこうけい   「神農本草経」の科学的整理  
巣元方   そうげんほう   「諸病源候論」を著す  
孫思襞   そんしばく   民間経験方を収集  
王翻   おうとう   「外台秘要」全40巻を編纂  
王閃   おうひょう   「黄帝内経」を整理  
丹波康頼   たんばのやすより   日本最古の医書「医心方」を編む  
王惟一   おういいつ   針灸術の発展に多大な貢献  
銭乙   せんいつ   小児科の開祖  
唐慎微   とうしんび   「経史証類備急本草」を著す  
成無已   せいむい   現存する最古の「傷寒論」全注本  
劉完素   りゅうかんそ   研究に没頭の「高尚先生」  
張元素   ちょうげんそ   易水学派の創始者  
張従正   ちょうじゅせい   攻邪に重きをおく  
李杲   りこう   「補中益気湯」を創方  
陳言   ちんげん   内・外・不内外、三因方を提唱  
陳自明   ちんじめい   「婦人良方大全」を完成  
厳用和   げんようわ   臨床経験を活かす  
王好古   おうこうこ   帰経と引経の新機軸  
朱丹渓   しゅたんけい   金元医学の集大成者  
戴思恭   たいしきょう   明の洪武帝の寵愛を受ける  
滑寿   かつじゅ   現在も使うツボ常用十四経  
王履   おうり   文芸にも優れる  
虞摶   ぐたん   最古の器具使用浣腸  
王綸   おうりん   医家の保守性を警告  
汪機   おうき   人参・黄包の運用に熟達  
薛己   せつき   「正体類要」を著す  
李時珍   りじちん   「本草綱目」に生涯を捧げる  
搜廷賢   きょうていけん   江戸時代のベストセラー  
方有執   ほうゆうしつ   病苦を克し大成  
繆希雍   びゅうきよう   英雄「神医安道全」  
王肯堂   おうこうどう   書物を著わすことに専念  
呉昆   ごこん   理論面の造詣に深く  
陳実功   ちんじつこう   中医の外科学を集大成  
張介賓   ちょうかいひん   30年を費やし「類経」32巻完成