27.戴思恭(たいしきょう)—明の洪武帝の寵愛を受ける

戴思恭
戴思恭(たいしきょう)  1324~1405

仁義に厚い人

戴思恭、字原礼、明の浦江(今の浙江省浦江)の人。

学者の家の出で、幼い頃から優れた教育を受け、経世活人の心を育まれて医学を志したといいます。朱震亨(丹渓先生)を訪ねて師と仰ぎ、その才知を愛されて、医術をことごとく授けられました。

明の洪武年間に都の御医に迎えられ、太祖に寵愛されました。ある時、晋王が病気になり、戴思恭の診察で治ったものの、のちに病が再発して死んでしまいました。太祖は侍医の罪であると怒りましたが、戴思恭が「以前、診察した時に、今は治りますが、毒が膏肓こうこうに回っている(膏肓は背中にある経穴の名前で、「病膏肓に入る」として有名)ので、再発したら助からないでしょう、と申し上げました。やはり心配した通りでしたか」と口添えしたので、侍医は死を免れました。

また、洪武31年(1398)に太祖が病気になった時のこと、戴思恭に診てもらって少し軽くなったので、これまで診察させた侍医たちを「役立たず」と獄に下し、戴思恭に「そちは仁義に厚いから気にするだろうが、これはそちとは関係のないことだから」と語った、というエピソードもあります。

著述に「証治要訣」「証治類方」「証治用薬」などがあるとされていますが、処方集の「証治類方」には、師の丹渓先生が嫌った「和剤局方」からの引用が多く、丹渓の処方がひとつも引用されていない、などのことから、戴復庵という別人の著作を後代の人が誤ったのではないか、という説が有力です。
すでに登場した金元四大家の著作も、じつは誰が真の作者か、ほとんど同定することは不可能なのです。中国医学の歴史は、純然たる積み重ねの歴史ですし、参考引用文献は必ずしも明記しないで、自分の見解を少し書き加える習慣が定着していますから。

時代はそろそろ蒙古民族支配の元の時代から、再び漢民族支配の明へと入っていきます。日本では、鎌倉幕府が滅んで室町幕府の時代。西暦では14世紀。英仏百年戦争のころのおはなしです。

sponsors
sponsors
神農   しんのう   伝説の漢方医学の始祖  
扁鵲   へんじゃく   ハリ治療の始祖  
華佗   かだ   全身麻酔で外科手術を施す  
張仲景   ちょうちゅうけい   「傷寒雑病論」を著す  
王叔和   おうしゅくか   自らの脈論も併せて「脈経」を撰す  
皇甫謐   こうほひつ   針灸の必読書「甲乙経」を著す  
葛洪   かつこう   伝染病の研究大家  
陶弘景   とうこうけい   「神農本草経」の科学的整理  
巣元方   そうげんほう   「諸病源候論」を著す  
孫思襞   そんしばく   民間経験方を収集  
王翻   おうとう   「外台秘要」全40巻を編纂  
王閃   おうひょう   「黄帝内経」を整理  
丹波康頼   たんばのやすより   日本最古の医書「医心方」を編む  
王惟一   おういいつ   針灸術の発展に多大な貢献  
銭乙   せんいつ   小児科の開祖  
唐慎微   とうしんび   「経史証類備急本草」を著す  
成無已   せいむい   現存する最古の「傷寒論」全注本  
劉完素   りゅうかんそ   研究に没頭の「高尚先生」  
張元素   ちょうげんそ   易水学派の創始者  
張従正   ちょうじゅせい   攻邪に重きをおく  
李杲   りこう   「補中益気湯」を創方  
陳言   ちんげん   内・外・不内外、三因方を提唱  
陳自明   ちんじめい   「婦人良方大全」を完成  
厳用和   げんようわ   臨床経験を活かす  
王好古   おうこうこ   帰経と引経の新機軸  
朱丹渓   しゅたんけい   金元医学の集大成者  
戴思恭   たいしきょう   明の洪武帝の寵愛を受ける  
滑寿   かつじゅ   現在も使うツボ常用十四経  
王履   おうり   文芸にも優れる  
虞摶   ぐたん   最古の器具使用浣腸  
王綸   おうりん   医家の保守性を警告  
汪機   おうき   人参・黄包の運用に熟達  
薛己   せつき   「正体類要」を著す  
李時珍   りじちん   「本草綱目」に生涯を捧げる  
搜廷賢   きょうていけん   江戸時代のベストセラー  
方有執   ほうゆうしつ   病苦を克し大成  
繆希雍   びゅうきよう   英雄「神医安道全」  
王肯堂   おうこうどう   書物を著わすことに専念  
呉昆   ごこん   理論面の造詣に深く  
陳実功   ちんじつこう   中医の外科学を集大成  
張介賓   ちょうかいひん   30年を費やし「類経」32巻完成