カルダモン (Cardamom)

カルダモン

学名:Elettaria Cardamomum
科名:ショウガ科
抽出する部分:種子
主要成分:テルピネオール,シネオール,リモネン

sponsors

原産地は、インドのマラバル海岸やスリランカの熱帯雨林。ビターレモンのように甘くスパイシーな香りを放ち、名高いバビロンの吊り庭で栽培されていました。古代エジプトでは、ミイラ作りには欠かせない香料としてペッパー同様大量に使用されています。同時に種子を噛むことにより口臭予防効果や歯のホワイトニングが出来ると考えられていました。
ローマ帝国時代の美食家達は、カルダモンシードを食べ過ぎの薬として、また今でも、インドとインドネシアでは浸透液を咳止めとして飲むなど病気を改善する医薬品としても活躍しています。カルダモンのエッセンシャルオイルは、何千年にもわたって香水作りの重要な役割を果たしてきた歴史があります。

心の面ではこんなはたらきがあります。

  • 疲れて無気力になった時、やる気と熱意を与えます。
  • 不安や迷いをぬぐい去り、緊張をほぐします。
  • 催淫作用・食欲増進作用があります。

体の面ではこんなはたらきがあります。

  • 身体を温め消化を促進します。
  • 痙攣性の腹痛や腹部膨満、消化不良を改善します。
  • 女性の生理に関する諸症状を整えます。

美容の面ではこんなはたらきがあります。

  • むくみを改善します。
  • 口臭を消します。

敏感肌の人は要注意。

 アロマテラピーの楽しみ方
健康、美容、ダイエット、快眠から資格・就職、占星術まで。アロマテラピーの総合情報です。

sponsors
sponsors
こちらの記事もお役に立てるかもしれません。