ペパーミント (Peppermint)

ペパーミント

学名:Mentha Piperita
科名:シソ科
抽出する部分:葉
主要成分:メンソール,メントン

sponsors

鋭く爽快感のある香りで、皆さんお馴染みのメンソールの代表的なものがペパーミントです。アロマテラピーを始めるにあたって、一番入りやすい、親しみのある香りといえるでしょう。

ハーブとしても多湿な日本では育てやすいので、ティーにしたり、飲み物やサラダなどに加えて、エッセンシャルオイル共々楽しんで下さい。

心の面ではこんなはたらきがあります。

  • 神経の疲労、うつ状態をやわらげる。
  • 怒った時、ヒステリーを起こした時、神経を鎮めてくれます。
  • 刺激性のある香りが、ショック状態の時、気付け薬の役目をします。

体の面ではこんなはたらきがあります。

  • 暑い時には冷却し、寒い時は温めるはたらきがあります。
  • 鼻づまりや咳などの呼吸器の不調に役立ちます。
  • 胃腸器官の不調や乗り物酔いに。
  • 冷却作用があるので、歯痛、頭痛、筋肉痛などをやわらげます。

美容の面ではこんなはたらきがあります。

  • ニキビ、吹き出物のある脂性肌や頭髪を美しく改善します。
  • 冷却作用がかゆみ、炎症、日焼けによるほてりをやわらげます。

 アロマテラピーの楽しみ方
健康、美容、ダイエット、快眠から資格・就職、占星術まで。アロマテラピーの総合情報です。

sponsors
sponsors
こちらの記事もお役に立てるかもしれません。