ジュニパー (Juniper)

ジュニパー

学名:Juniperus communis
科名:ヒノキ科
抽出する部分:液果
主要成分:ピネン,ボルネオール
カリオフィレン,シトロネロール

sponsors

ジュニパーはヒノキ科の植物と言うことで、若木のフレッシュな香りがします。精油に慣れない方にはよい香りとは言いがたいでしょうが、他の精油と同じく注釈したりブレンドした時にこれらの香りの良さがわかります。

ジュニパーは「ジン」の重要な 成分で、「ジン」と言う名はこの木のフランス語名ジュニパー・ベリー(Juniper Berry)に由来します。利尿と解毒作用が主な特徴ですが、殺菌消毒剤としてもローズマリーと合わせ、近年までフランスの病院で使われてきました。

心の面ではこんなはたらきがあります。

  • 精神を浄化させ、気力を奮い立たせてくれます。
  • 多人数に接触して消耗した方に向きます。
    (例:医者、カウンセラー、教育業、接客業、イベント関係者など)

体の面ではこんなはたらきがあります。

  • 解毒作用により体内の毒素、老廃物の排出を助けます。
  • 体液が滞留したむくみやだるさを改善します。
  • 食欲を正常化し、肥満の解消に役立ちます。

美容の面ではこんなはたらきがあります。

  • 脂性肌や頭皮の脂漏状態に。
  • むくんだり機能が低下している肌に効果的。
  • にきび、毛穴のつまり、むくみを好転させます。

ジュニパーは長期に使いすぎると腎臓を刺激するので注意して下さい。
妊娠中は使用しないで下さい。

 アロマテラピーの楽しみ方
健康、美容、ダイエット、快眠から資格・就職、占星術まで。アロマテラピーの総合情報です。

sponsors
sponsors
こちらの記事もお役に立てるかもしれません。