リンパドレナージュのマッサージメソッド(リンパドレナージュとは)

リンパドレナージュできれいに

リンパ液の流れを促進して身体の内側からキレイと健康を手に入れる

リンパドレナージュ(リンパマッサージ)とは、リンパ液の流れを活性化して身体にとって不必要な異物や老廃物を集め、排出するマッサージメソッド(方法)です。リンパ系のシステムは毛細リンパ管・リンパ管・胸管・リンパ本幹とリンパ節等で成り立っています。

しかし、ポンプ作用を持った心臓から送り出される血液のような流れはありません。リンパ液は、1分間に数回程度ゆっくりと拍動しているリンパ管によるゆるやかな能動的な流れと、血管の断続的な圧力や呼吸運動・筋肉の動きなどによって起こる受動的な流れによって運ばれています。

リンパ液は、疲労、寒さ、ストレスなどに影響を受けやすく流れが滞りがちです。

それを、両手の指先を使ってポンプが水を吸い上げるように優しくマッサージして、スムーズな流れを促すのが、リンパドレナージュのメソッドです。

リンパドレナージュで得られる次の3大メリットは、相互に関連しあって美と健康の強い味方となります。

1.若さと健康のキーポイント「電解質バランス」を調整する

電解質バランスを調整

大人の全体重の約60%を構成している体液は、身体の代謝過程でとても大切な役割をしています。体液は、大きく細胞内液(細胞内に存在)と細胞外液(血漿・間質液・リンパ液・細胞通過液)に分けることができます。

ナトリウム(Na)、カリウム(K)、カルシウム(Ca)、クロール(塩素)(Cl)などの必須ミネラルは、水に溶けて電気を通す状態(電解質)で体内で作用しています。それぞれがバランスをとりながら、体内の水分量やpHの調整、骨や歯の形成、筋肉や神経の働きの調節、血液の凝固などの働きをしていて、これを「電解質バランス」といいます。

リンパドレナージュのマッサージは、若さや健康にとって大切な体液の内容成分の「電解質バランス」を整える助けをしてくれます。

2.細菌やウイルスをシャットアウト、毒素の排出をたすける

ほとんどの血液は動脈から始まり毛細血管を通り、静脈から心臓に流れ込んでいきます。心臓から出発して心臓に戻る、ワンラウンドの循環システムです。その間、毛細血管から漏れ出た血液中の水分・タンパク質などは、細胞の新陳代謝によって出た分泌物などと混じり合い間質液となって次の2つの道から血管に帰ります。

(1)毛細血管による再吸収により血流に戻る。
(2)毛細リンパ管に入り、リンパ管系を通って静脈に戻る。

この時のリンパ液の流れは、いくつものリンパ節を通過して、鎖骨のくぼみの下にある太いリンパ管にたどり着き、最終的に静脈系に注ぎ込む一方通行です。

リンパドレナージュのマッサージは、一方向にしか弁が開かない逆流防止弁を持ちリンパ液の濾過装置の役目を果たすリンパ節の働きを促し、リンパ系の流れを整えて老廃物、細菌やウイルス等をスムーズにシャットアウト・排出する効果をたかめます。

3.脂肪酸をスムーズに運搬し新陳代謝を上げてスリミング

新陳代謝を上げる

小腸(免疫力の向上に欠かせなくなってきている腸内環境)で消化された脂質は、腸内リンパ管(脂肪や離脂肪酸が乳化しリンパに混ざって乳白色になっているので乳び管とも)から吸収され、太いリンパ管(胸管)を通って、滞りなく血液の循環系に運ばれていきます。
特に胃腸管からの脂肪吸収において重要な役割となっています。

リンパドレナージュのマッサージで、リンパ液の流れが活性化すれば、血流も良くなり、細胞も活力を取り戻し新陳代謝が上がります。同時にカロリーも燃焼しやすくなり、美肌効果も得られるようになるのです。

リンパドレナージュで得られる次の3大メリットは、相互に関連しあって美と健康の強い味方となります。

効果・効能は個人差があります。トラブルがある場合は、かかりつけの医師にご相談ください。

sponsors

リンパドレナージュ(リンパマッサージ) MENU