2人でするリンパドレナージュ(リンパマッサージ)3.下半身コース(むくみ・だるさ改善、下半身・お腹・太股・下肢のスリミング、便秘・冷え性、生理のトラブル)

sponsors

下半身(お腹・太股・下肢)のスリミング、むくみ・だるさ改善、便秘・冷え性、生理のトラブルに

親しい友人やパートナーとドレナージュの心地よさを分かち合えば、セルフドレナージュとは違う贅沢な満足感を得られます。エステ気分でとっておきの週末にマッサージ。

リンパ液の流れをスムーズにするマッサージは、筋肉の疲労や老廃物を取り除いて、細胞を活性化し体力を回復。すっきりとしたフェイスラインから続く引き締まった二の腕、キレイに浮き出る鎖骨をつくります。

プロローグ→ベースマッサージ 1→ベースマッサージ 2→内外腸骨リンパ節部分→後脛骨リンパ幹部分→膝窩リンパ節部分→深鼡径リンパ節部分→エピローグのマッサージ

クイックコース(時間のないとき)
STEP-2→STEP-3→STEP-4→STEP-6を行ってください

マッサージされる人は、ベッドに横になります。

STEP-1 プロローグのマッサージ

上半身リンパドレナージュのプロローグのリンパマッサージ

どんなにココロを許していても突然マッサージに入るとカラダが緊張してしまいます。

  1. マッサージされる人の胸の上に左右の親指をそろえて置く。
  2. 優しく、ゆっくりと逆ハの字に前方にマッサージ。
のんびりとリラックスしてもらうことが効果の上がるキーポイント。

STEP-2 ベースマッサージ 1

基本のリンパマッサージ1
  1. 両手の4本の指のお腹を、左右の耳の下の上深頚リンパ節部分Ⓐに置きます。
  2. 左右の4本の指のお腹で、位置をキープしたままプッシュして肌を押し、アップしてゆるめた時に、押し上げた肌をもとの位置に。
  3. 一ヶ所5回程度、少しずつ位置を下げながら、鎖骨下リンパ本幹部分Ⓔまで。

STEP-3 ベースマッサージ 2

基本のリンパマッサージ2
  1. 鎖骨下リンパ本幹部分Ⓔのマッサージは、両手を鎖骨のくぼみのところに指をそろえて置きます。
  2. 左右同時に外から内への円運動を行います。首のつけ根にある太いリンパ管を圧迫しすぎないように気をつけて。
  3. 最初に、プッシュ、ゆるめてアップ。マッサージする方もゆったりとした気持ちで1ケ所5回。リンパの流れを、スムーズに。

STEP-4 内外腸骨(お腹)リンパマッサージ

内外腸骨(お腹)リンパマッサージ
  1. 両指の8本で左右それぞれの骨盤の内側、おへそよりをグーと骨から脂肪を離すつもりでゆっくりとプッシュ。
  2. 両手の先で脂肪をすくい上げる気持ちでアップ。
  3. 左右、同じ場所を各5回。
sponsors

STEP-5 後脛骨(足首から膝)リンパマッサージ

後脛骨(足首から膝)リンパマッサージ
  1. 内外くるぶしの骨の脇のくぼみに左右4本の指のお腹をあてる。
  2. くぼみのなかに向かうような感じで内から外側にプッシュ、徐々に力をゆるめながらアップの円を描くマッサージ。左右5回。
  3. ふくらはぎに沿って左右両手先で同時に回転マッサージをしながら膝裏まで。

STEP-6 膝窩(膝裏)リンパマッサージ

膝窩(膝裏)リンパマッサージ
  1. ひざの裏のくぼみに左右の4本の指をぴったりあて、同時にプッシュ&アップを始めます。
  2. ここはしっかりした刺激が欲しいので、表面的なタッチではありません。グーと押しむようにプッシュしながら下から上へ。
  3. 力を徐々にゆるめながらアップ。左右5回ずつ。

STEP-7 深鼡径(脚の付け根)リンパマッサージ

深鼡径(脚の付け根)リンパマッサージ
  1. 左右鼡径(脚の付け根)部分に、指4本を置き、もう一方の手を重ねて添えて。
  2. 4本の指をそろえて脇の下に置き、その場で円を描くマッサージ。
  3. くぼみのなかに向かい持ち上げる気持ちでプッシュ、徐々に力をゆるめながらアップの円を描くマッサージ。左右5回ずつ。

STEP-8 エピローグのマッサージ

上半身リンパドレナージュのエピローグのリンパマッサージ

施術の終わりを優しく告げる、マッサージ。

  1. ゆっくりと鎖骨のラインに沿って胸の中央から肩へ4~5回なぞるようにマッサージ。
リラックスして、くつろいでいる気分を損ねないように。少し休んでもらっても良いかもしれません。

このコースのおすすめアロママッサージ

最初に、お好みのベースオイル10ml(さかずき一杯位)を取り分け、マッサージオイルを作ります。
(1)フェイス周りのベースオイル
フェイス(首も含む部分)は、肌がデリケートですので、エッセンシャルオイルは基本的に使用しません。お好みのベースオイルのみで行います。

おすすめのベースオイル
ホホバ油、マカデミアナッツ油、スイートアーモンド油

(2)下半身用マッサージオイル
お好みのベースオイル10ml(さかずき一杯位)に、精油(エッセンシャルオイル)2~3滴が目安です。下記のおすすめ精油の中から1~3種類を選び、合計で2~3滴落として混ぜ合わせます。

おすすめの精油(アロマオイル)

グレープフルーツサイプレスジュニパーレモングラスゼラニウム

マッサージは(1)のベースオイルを使ってデリケートなフェイス周りを最初に行います。慣れないうちは、つい力を入れすぎてしまうことがあります。肌や筋肉への負担をかけないために、植物油を使ってみましょう。たっぷりと使うことが、指先をポイントからポイントへスムーズに移動させるためのコツです。

内外腸骨(お腹)リンパマッサージ(STEP-4)に入るときは、作り置いた(2)の下半身用マッサージオイルに変えます。

循環器官は、足先になる程心臓から離れます。循環の悪い人は、より不調が出やすく、下半身のむくみが気になります。
大敵の冷えは、循環を滞らせ、すべての不調につながっています。身体を温める作用や、排泄を促すエッセンシャルオイルを使い、下半身をスッキリさせましょう。

下半身は、太さが気になるだけでなく、セルライトがもっとも出やすい部分です。老廃物の排泄を促したり利尿作用を持つエッセンシャルオイルを使い、根気よく続けることが大切です。
利尿作用を持つエッセンシャルオイルを使用した時は、水分を多く取りましょう。ポンプ役となる筋肉を強化することで血行やリンパの流れを促進することも怠りなく。
アロママッサージの方法
他のアロマテラピーの方法(その時々の気分や場所に合わせて使い分けてください)

sponsors

リンパドレナージュ(リンパマッサージ) MENU