69.沢ガニ(津蟹・しんかい・藻くず蟹)—黒焼きにして化膿症や外傷に—

華岡青洲がよく用いた「津蟹」

蟹といえば古来美味の代表。中国の古典に「一手に蟹螯を持ち、一手に酒杯を持ち、酒池の中に拍遊せば、すなわち一生を了とするに足る。」とあるそうですが、確かに。今でもカニを食べ始めるとおしゃべりが止むものね。

食用になるカニには、伊豆で有名なタカアシガニ(高脚蟹・世界最大の甲殻類)、ズワイガニ(松葉蟹)、毛ガニ、ワタリガニ(上海蟹)、モクズガニ、沢ガニなどがあります。タラバガニ(鱈場蟹)、ハナサキガニなどは、カニとは言ってもヤドカリの仲間であることはご存じのとおり。上記のカニ類のなかで、淡水の河川でもよくみられるのがモクズガニや沢ガニ。

sponsors

今回のモクズガニは、甲殻類・蟹科・十脚目。各地で食用にされ、ズガニ、カワガニなどと呼ばれています。甲羅の巾が六センチほどの中型のカニで、ハサミの基部に長い軟毛が密生しているのが、藻屑をつけているように見えるからモクズガニ。川の中流と海水の河口を往復し、海水域で繁殖しますが、冬季に川下りして繁殖する群と、川で越冬してから春夏に河口で繁殖する群とがあるため、結局一年中、川で見ることができます。

クスリとしては、「津蟹」(しんかい)。これを黒焼きにしたものが皮膚の化膿症や外傷に、外用薬としても内服薬としても用いられました。日本で固有につくられたクスリです。熱を清し、腫れをとり、肌肉を生ずる作用があります。方剤としては、「伯州散」が有名で、津蟹、反鼻(まむし)、鹿角の三味を黒焼きして用いる散剤です。外科で有名な華岡青洲などがよく用いました。一般にこうした動物性のクスリは植物の方剤よりも効果が強烈ですから、皮膚の化膿疾患ばかりでなく、肺膿瘍などの当時としては瀕死の重症患者に他の漢方薬に追加して用いられたようです。

沢ガニはずっと小型の淡水にだけ住むカニで、旅館などで唐揚げが前菜によく出ます。これもすり潰して皮膚の怪我や化膿に外用薬として用いられました。

sponsors

sponsors
●医食同源ア・ラ・カルト  食材index